検索

もくじ

県のしごと

県の仕事 仕事のすすめ方 県のそしき 予算とつかいみち

鳥取県の姿

鳥取県の位置と自然 鳥取県の産業 県のおいたち 県の文化・伝統 みんなの施設 交流の輪

鳥取県のシンボル

県のシンボル 県のキャラクター

【神話】いなばの白うさぎ

 大国主命(おおくにぬしのみこと)兄弟(きょうだい)一緒(いっしょ)に、いなばの(くに)()途中(とちゅう)()をはがされたうさぎに出会(であ)いました。いじわるな兄弟(きょうだい)は「(うみ)(みず)(からだ)洗い(あらい)(かぜ)()(たか)(やま)のてっぺんでかわかしたらいい」とうさぎに()いました。

 ()われたとおりにやってみると、(からだ)がひりひりとしみ、その(いた)いこと(いた)いこと。

白うさぎとおおくにぬしのみこと

 そこへ(とお)りかかった大国主命(おおくにぬしのみこと)は、「どうしたの、うさぎさん」とやさしく(こえ)をかけました。うさぎは、「(わたし)はおきの(しま)からなんとかいなばの()(わた)りたいと(かんが)え、ワニザメをだまし、その()()んでやってきたのですが、それがばれて()をむしりとられました。そして、あなたの兄弟(きょうだい)言う(いう)とうおにしたら、今度(こんど)体中(からだじゅう)(いた)くて(くる)しいのです」と(こた)えました。大国主命(おおくにぬしのみこと)は「早く(はやく)真水(まみず)(からだ)(あら)い、ガマ(がま)()をつけてごらん」といい、うさぎは()われるとおりにしました。するとうさぎは、(もと)のきれいな姿(すがた)にもどることができました。

 これがいなばの(しろ)うさぎで、鳥取市(とっとりし)白兎(はくと)神社(じんじゃ)に「ウサギ(がみ)」としてまつられています。

 はくと神社の位置

とりっ子通信第16号より