親子で古代米スイーツを作りました!

6月24日(土)、「親子グルメスイーツクッキング講座」(主催:青谷上寺地遺跡史跡保存活用協議会)を開催しました!

この講座は、「地下の弥生博物館」と呼ばれる青谷上寺地遺跡(鳥取市青谷町)で栽培した「古代米」を材料としたスイーツづくりを親子で体験し、遺跡への興味関心を深めていただこうというイベントです。

今回は、9組20名の親子が「おだいりさまとおひなさまの古代米洋風まんじゅう」づくりに挑戦。講師の先生のご指導のもと、古代米の米粉を使ったスポンジをベースに、白玉粉をこねたおまんじゅうで作った体と頭をのせ、チョコレートで思い思いの表情を描いて完成しました。
 
粉で顔が白くなったりもしましたが、がんばって作ったスイーツの味は格別。弥生のコメ作りにも思いをはせながら、楽しいひと時を過ごしていただきました。

※古代米洋風まんじゅう レシピをダウンロードできます→ PDFファイル1008KB
(監修:カフェデルマー(鳥取市青谷町))

講座のようす  親子でスイーツづくり
スイーツのできあがり おひなさまの洋風まんじゅう