鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





 毎年度、国(内閣府)においては、防災対策の一層の推進に資するため、防災に関して、災害時の防災活動等の面で貢献し、特にその功績が顕著であると認められる個人又は団体を表彰しています。

[表彰の概要]
(対象)
 防災に関し、災害時における人命救助や被害の拡大防止等の防災活動の実施、平時における防災思想の普及又は防災体制の整備の面で貢献し、特にその功績が顕著であると認められる団体又は個人。
(種類)
 防災功労者内閣総理大臣表彰
  

平成28年度

 平成28年9月12日(月)に総理大臣官邸(大ホール等)で、平成28年度の防災功労者内閣総理大臣表彰の表彰式が開催され、防災体制の整備の面で貢献し、特にその功績が顕著であった個人として、本県から下記のとおり受賞されました。

鳥取大学名誉教授 西田 良平 氏

[受賞区分]防災体制の整備
(功績概要)
 同氏は、鳥取県における地震に関する第一人者であり、平成12年10月の鳥取県西部地震では、当日に鳥取県災害対策本部に入り、その知見を生かした助言を行い、応急対策に貢献した。
 また、同地震を踏まえた鳥取県の地震津波被害想定を策定し、消防、防災、防災教育、原子力防災に関する多くの県の附属機関で指導助言を行い、平成17年度設立の鳥取県防災顧問に現在までの長きに亘り就任するとともに、鳥取県自主防災活動アドバイザーとしても活躍するなど、鳥取県の消防防災体制の充実強化に多大な貢献をした。

平成25年度

 平成25年9月2日(月)に総理大臣官邸(大ホール等)で、平成25年度の防災功労者内閣総理大臣表彰の表彰式が開催され、防災思想の普及の面で貢献し、特にその功績が顕著であった団体として、本県から下記のとおり受賞されました。

日野町・日野ボランティア・ネットワーク(代表 小谷 博徳 氏)

[受賞区分]防災思想の普及
(功績概要)
 同団体は、平成12年鳥取県西部地震で日野町は大きな被害を受け、地震から半年後、日野町内外のボランティアで日野ボランティア・ネットワークとして結成。日野町で被災後の地域づくり活動に取り組むとともに、長期に渡る支援活動や復興活動の経験を研修・講演等で県内外に伝え、また他地域で大規模な災害が発生した際には被災地に出向き、鳥取県西部地震の経験を生かした支援活動を行っている。
 また、平成18年10月から、鳥取県の委託を受けて「鳥取県西部地震展示交流センター」を運営しており、写真、映像、図書を展示して来場者に発災時の状況を伝えるとともに、研修・座談会などを催して地域防災や災害時のボランティア活動の啓発活動を行うなど、地域住民への防災思想の普及に多大な貢献をした。