自治会、公民館などへのアドバイザー派遣制度

自治会、公民館などへのアドバイザー派遣制度

 現在の便利な生活を子ども達世代にも持続可能な社会を実現するためには、全ての人が環境を利用しつつ維持していくための方法を理解し、実践していくことが必要です。
 県では、自治会や子ども会での自然体験、再生可能エネルギー施設の見学、環境保全活動、また、家庭における省エネ・省資源、ごみとリサイクルの研修会など、地域で環境学習、実践活動に取り組む自治会等にとっとり環境教育・学習アドバイザーを派遣することで、その活動を支援します。

 派遣するアドバイザーは、活動内容に沿った方をご紹介しますので、県もしくはリンク先の鳥取県地球温暖化防止活動推進センターにご相談ください。
 なお、派遣が決定した場合には、県でアドバイザーへの謝金・旅費を負担しますので、積極的に御活用ください。
 
 分野別アドバイザー検索(外部リンク:鳥取県地球温暖化防止活動推進センター)

1 対象

 鳥取県内に活動拠点をおく自治会、町内会、公民館その他地域の集まり等で県が同等と認める団体(学校、事業者、特定非営利活動法人等を除く。以下「対象自治会等」という。)

2 環境学習研修会等での講義内容

 地球温暖化防止、ごみとリサイクル、再生可能エネルギー、電力自由化、エコ工作、自然体験、家庭での省エネなど

3 講師

 県が登録しているとっとり環境教育・学習アドバイザー(以下「アドバイザー」という。)を派遣
 ※内容や時間配分等は要相談

4 派遣手続等

(1)派遣申込書(様式第1号)の提出 [対象自治会等→県]
(2)アドバイザーの派遣の可否の通知 [県→対象自治会等]
   ※申込を受けた日から14日以内
(3)環境学習研修会等の実施 [対象自治会等]
(4)報告書(様式第2号)の提出 [対象自治会等→県]
   ※環境学習研修会等を実施した日から14日以内

5 その他

  詳細は以下に添付している派遣要領をご覧ください。

6 要領・様式

派遣要領(PDF 84KB)
派遣申込書(様式第1号)(Word 43KB)
報告書(様式第2号)(Word 44KB)