振り込め詐欺発生情報(平成25年)

平成25年12月26日現在 
番号 被害日 手口 被害者 被害状況 被害予防方策
18 12月12日 ダイヤモンド購入あっせんを装った詐欺 西伯郡内居住の70歳代女性 被害者宅にダイヤモンド購入を勧誘するパンフレットが届いた。その後、貴金属加工業者と名乗る男から「パンフレットが届いていないか。その会社からダイヤを買ってくれ。損はさせない。来年ダイヤは値上がりする。」と電話があり、何度も購入するようよう勧誘されこれを信用した被害者は、購入を決意し、100万円を男の指示されるがまま、ゆうパックで送金した。その後も、さらに現金を要求されたが、ダイヤが届かないこと等不審に思い被害に気付いたもの。 うまいもうけ話にのらない。
「ゆうパック・レターパックで現金を送れ」は詐欺です。
17 12月5日 太陽光発電投資の名義貸しトラブル 倉吉市内居住の60歳代女性 被害者の自宅に、「封筒が届いていませんか。届いたら持っておいてください」と男から電話があった。その後、太陽光発電投資のパンフレットが入った封筒が届いた。数日後、男から「太陽光発電投資の権利を譲ってくれ。あなたの名義を貸してくれ。謝礼として10万円支払う。」と電話があった。被害者は、これを承諾したが、さらに数日後、男から電話があり「名義貸しはインサイダー取引になり、あなたは逮捕される。これを逃れるには、いくらかお金を支払う必要がある。」などと要求され、男の指示に従い2回にわたり、総額95万円をレターパックで送金したもの。 うまいもうけ話には、のらない。「レターパックで現金を送れ」は詐欺です。
16 12月5日 警察官騙りのオレオレ詐欺 境港市居住の80歳代女性 被害者の自宅に、警察官を名乗る男から「全国銀行協会から連絡があった。あなたの定期預金が金融機関の職員に勝手に引き出されている可能性がある。すぐに解約しないと危ない。」と言われ信用した被害者は、定期預金を解約し、帰宅したところ、自宅に男が尋ねてきて「あなたに現金を渡した職員の指紋を取る必要がある。お金は、全部持っていきます。」と言われたことから、男に現金271万円を手渡したもの。 警察官がお金、通帳、キャッシュカードを自宅に受け取りに行くことはありません。
15 10月 社債等購入申し込みの名義貸しからの発展 米子市内居住の60歳代女性 被害者の自宅に、社債等の購入を勧誘するパンフレットが届いた。その後、男から「パンフレットが届いた人しか社債を購入出来ない。お礼をするので、代わりに2,000万円分申し込みをして欲しい。」と言われ、承諾したところさらに男は「後で返金するので、購入代金の一部を立て替えてくれないか」と頼まれ、お礼や返金の話を信用した被害者が、指示されるままゆうパックで現金350万円を送った。その後、男から「名義貸しは犯罪になる。再度購入代金の一部を立て替えてくれれば、名義貸しでないことが証明される。」と言われ現金120万円をゆうパックで送金したもの。 「ゆうパック、レターパック、で現金を送れ」は詐欺です。
うまいもうけ話はありません。
14 8月30日~9月20日 架空請求詐欺 米子市内居住の20歳代女性 被害者の携帯電話に「懸賞サイトの利用料金が滞納されている。」旨のメールが届き、連絡したところ男から「滞納金が36万円ある。裁判をするか、送金して和解するかどちらにするか。」と言われ、男の指示されるまま簡易書留で現金36万円を送金した。その後男から「他にもう一件206万円滞納がある。相手は財産の差し押さえの準備に入っている。供託金を送ってくれれば、大丈夫だ。」と言われ、合計5回ににわたり総額685万円を送金したもの。 身に覚えの無い請求には、応じない。
現金は現金書留以外では送れません。
13 10月10日及び15日 金購入の名義貸しに関する詐欺 鳥取市内居住の70歳代女性 Aさん方に金の購入に関するパンフレットが届いた。その後、男から電話があり「パンフレットが届いた人は金を安く買える。私も買いたいがAさんの名前で買っていいですか?」と言われ名前を貸すことを承諾した。その後警視庁の刑事を名乗る男から電話があり、「男を詐欺で逮捕したが、金の購入者がAさんになっているから、Aさんが詐欺をしたことになっている。」「弁護士を頼んであげる」等言われ、その後弁護士を名乗る男から電話があり「裁判所に掛け合い、250万円用意すればAさんは捕まらない。お金は返ってくる。」と要求され、男から指示された通り、レターパックで現金250万円を2回送金したもの。 「レターパックで現金を送れ」は、詐欺です。
12 10月7日 電話で警察官を装った詐欺 倉吉市内居住の高齢女性 Aさん方に警察官を名乗る男から電話があり、「振り込め詐欺が流行っている。あなたの名前がリストに載っているから危ない。銀行に預けているお金を引き出して保護してください。」と申し向けられ、金融機関から現金約890万円を引き出した。警察官を名乗る男がAさんの自宅を訪れ、「現金を出してくれ。現金に偽札が入っていないか検査が必要だ。」と申し向けられ、男の話を信用したAさんが現金を手渡したもの。以後男と連絡はとれない状況。 警察官が「お金を預かる」ことはありません。
11 4月~5月頃 金投資の名義貸しに関する詐欺 鳥取市内居住70歳代女性 金の投資を勧誘する封書が自宅に届く。その後自宅電話に「投資家が金を購入したいといっているが、購入するのには限度があるので、Aさんの名義だけを貸して欲しい。迷惑はかけない」といった電話があった。Aさんが「名義だけなら」と思い、応じたところ、別の者から電話があり「名義貸しは犯罪になる。申込者にお金を払ってもらう」と電話があり、Aさんは、自分がお金を支払えば新聞沙汰にならないと考え、自宅近くの駅で現金300万円を受け取りに来た男に手渡したもの。 留守番電話機能を活用し犯人と直接会話しない。
一人で悩まず誰かに相談を。
10 3月頃から5月頃 ギャンブル情報 米子市内居住50歳代男性 Aさんの携帯電話に「あなたがロト6の当選番号を教えてもらえる候補者に選ばれた」などと電話があり、その後男から「審査に通った。当選番号を教えるためには供託金435万円が必要。供託金は後で反ってくる。」などと要求され、それを信じたAさんは、数回に渡って男に指示された銀行口座に現金合計300万円を振り込んだ。Aさんは男の指定する日にロト6を購入したが、当選せず、男の電話も通じなくなっていたもの。 うまいもうけ話にはのらない。 「ロト6の当選番号教えます」は詐欺です。
9 7月2日 還付金等詐欺未遂 米子市内 ご注意を

米子市内において、市職員を名乗り「過去の医療費の払い戻し金があります」「お知らせの封書が届いていませんか?」と電話があり、銀行等の金融機関のATMではなく、近くの大型スーパーや病院に行くよう指示する不審電話が発生しています。これは、還付金等詐欺といわれる手口ですので、ATMに行く前に、警察、家族等に相談しましょう。
 
8 5月23日 還付金等詐欺 米子市内居住80歳代女性 米子市役所職員を名乗る男から「医療費の還付金があります。自分のところでは取扱いしないので、保険局に電話して下さい。」との電話があり指定されたフリーダイヤルに電話をかけると、近くのATMに行くよう指示され、AさんはATMコーナーから同じフリーダイヤルに電話をかけ、男の指示するとおりATMを操作したところ、別の口座に約100万円が送金されていたもの。 「お金を返すからATMに行け」は詐欺です。公的機関がATMでお金を返すことは絶対にありません。
7 5月14日 オレオレ詐欺 鳥取市内居住60歳代女性 男の声で「のどが痛い」「携帯電話が壊れている。今使っているのは仮の携帯電話だ」と電話があり、Aさんは息子からの電話だと思った。さらに男から「職場に出入りしている女の子と関係を持って、子供ができた。示談費用が200万円必要なので、弁護士の口座に送金して欲しい。」と言われ男が指定した口座に202万円を送金したもの。 「電話番号が変わった」という電話は詐欺です。
相手に言われた番号ではなく、従来の番号に電話し確認する。
6 5月14日 還付金等詐欺 米子市内居住60歳代女性 自宅に米子市役所職員を名乗る男から「医療費の還付金があります。返還手続きが今日までです。手続きを社会保険事務所に委託しているので、電話してください」と言われ、指定されたフリーダイヤルに電話したところ「医療費返還のためスーパーのATMに行って下さい。銀行の窓口は混雑して振込ができなくなる」と指示され、AさんはATMコーナーに行き、同じフリーダイヤルに電話をかけ、男の指示するとおりATMを操作したところ、別の口座に約87万円が送金されていたもの。 「市役所職員、社会保険事務所、ATM」というキーワードは、詐欺です。
5 4月中旬ごろ 投資キャンセル名目詐欺 鳥取市内居住80歳代男性 自宅に出資者募集の封書が届き、その後別会社の男が電話で、出資できる口数を確認するようAさんに申し向け、Aさんが確認後募集会社に電話したところ「九州の代議士が共同出資で買いたいので、Aさん名義で申し込んでほしい」と求められた。Aさんが出資を申し込んだところ、数日後「出資金を入金した人がAさんではないので、違法取引となる。キャンセル料が150万円必要だ」と言われた。さらに「Aさんには、150万円と迷惑料を後で払うので、コンビニのレターパックで現金150万円を送金してほしい」と要求され、男が指示するとおり現金150万円を送金したもの。 「レターパックで現金を送れ」は詐欺です。
レターパックで現金を送ることは禁じられています。
4 5月2日 還付金等詐欺 米子市内居住60歳代女性 自宅電話に市役所社会保険課を名乗る男から、「医療費の還付金があるので、社会保険事務所に電話してください」との電話があり、男から指定されたフリーダイヤルに電話したところ「医療費還付の手続きをするので、近くのATMに行って下さい」と指示された。Aさんが近くのATMに行き、同じフリーダイヤルに電話をかけ、男が指示するとおりにATMを操作したところ、別の口座に約49万円が送金されていたもの。 「お金を返すからATMに行け」は詐欺です。公的機関がATMでお金を返すことは絶対にありません。
3 4月3日 架空請求詐欺 日野郡内居住20歳代男性 携帯電話に「サイト利用料金未払いにより、訴訟になる。至急連絡をすること」とメールが届き、Aさんは、登録した覚えはなかったが連絡したところ「サイト会社との和解手続の担保金として50万円が必要だ。送金しなければ訴訟になる」と要求され、相手の指示に従いレターパックで現金50万円を送金したもの。数日後さらに、相手方からAさんに「別の延滞料金の未払いがあり、既に訴訟になっているが今なら和解できる。担保金として150万円必要だ」と言われ、前回と同様レターパックで現金150万円を送金したもの。 身に覚えのない請求には応じない。
「レターパックで現金を送れ」は詐欺です。
レターパックで現金は送れません。
2 3月21日 オレオレ詐欺 鳥取市内居住70歳代男性 自宅に、「のどが腫れて声が出ない。会社から携帯電話をもらったので携帯電話から電話して」と電話があり、息子だと信じたAさんが携帯電話から電話をかけた。翌日男からAさんの携帯電話に電話があり「不倫相手を妊娠させた。慰謝料を200万円弁護士の口座に送金してほしい。ダメならサラ金から借金する」などと電話があり、息子だと信じた被害者が相手の言う口座に現金200万円を振り込んだもの。 「電話番号が変わった」という電話は詐欺、必ず従来使用していた電話番号に電話を掛けて、確認する。
1 2月18日 還付金等詐欺 米子市内居住70歳代女性 市役所社会保険課を名乗る男から「高額医療費の還付金があるので、社会保険事務所に電話してください」と電話があり、男から指定されたフリーダイヤルにAさんが電話したところ、「高額医療費の還付手続きをするので、ATMコーナーに行ってください」と指示され、AさんがATMに行き、同じフリーダイヤルに電話をかけ、相手の言うがままATMを操作したところ、相手の口座に現金約50万円を振り込んでいたもの。 「お金を返すからATMに行け」は詐欺です。公的機関がATMでお金を返すことは、絶対にありません。