健康政策課のホームページ

第三次鳥取県がん対策推進計画

 鳥取県のがん死亡率(75歳未満年齢調整死亡率)は、年々減少傾向にあるものの、全国平均と比較すると、過去10年以上にわたり恒常的に高く(悪く)、平成25年から27年まで3年連続で全国ワースト3位となるほど、近年、全国の中でも特にがん死亡率の高い状況が続いていることから、早急かつ効果的にがん死亡率を減少させる取組を強化推進させることが喫緊の課題となっています。
 県は平成30年4月、鳥取県がん対策推進県民会議、鳥取県がん診療連携協議会、鳥取県健康対策協議会、関係機関及びがん患者を含む県民の意見等を参考に、平成30年度から平成35年度までの第3次計画を作成しました。
 この計画の実現のため、県民、市町村、医療保険者、がん診療連携拠点病院、がん診療を行う医療機関、そのほか関係団体など、県民が一丸となり、総合的ながん対策の推進に取り組みます。
  

第三次鳥取県がん対策推進計画

第三次鳥取県がん対策推進計画の内容は、以下のPDFファイルにて御覧いただけます。

  1. 第三次鳥取県がん対策推進計画(概要版)[PDFファイル/535KB]
  2. 第三次鳥取県がん対策推進計画(全文)[PDFファイル/2.39MB]  
アクロバットリーダのダウンロード ※PDFをご覧頂くにはアクロバットリーダーが必要です。お持ちでない方はこちらのページからダウンロードしてください。
  

計画の概要

計画期間

平成30年度~平成35年度

計画の概要

全体目標と基本方針

(全体目標)
  1. がんによる死亡者の減少 75歳未満がん年齢調整死亡率(人口10万対)を70.0未満とする。
  2. がんになっても自分らしく生きることのできるがんとの共生社会を実現する。
(基本方針)
  1. 県民一人ひとりが、生活習慣の改善やがん検診の受診に努め、健康の自己管理に取り組むよう、それを支援する環境整備や体制づくりに努めます。
  2. 地域にかかわらず質の高いがん医療が受けられるよう医療機関相互の連携を推進します。
  3. がん患者とその家族の精神心理的・社会的苦痛を和らげ、がんになっても安心して暮らせる社会を目指します。

重点的に取り組むべき課題

  1. 超過脂肪の多い肝臓がん・肺がん・胃がん対策
  2. 働き盛り世代に対するがん対策 

分野別施策

  1. がん予防の推進
  2. がん医療の充実
  3. がんとの共生

これまでの計画

これまでに作成した鳥取県のがん対策推進計画については、リンク先のページに掲載しています。
鳥取県のがん対策推進計画(平成20年度~24年度/平成25年度~29年度)
民間企業等との協定書の締結の様子については、以下のリンクから御覧ください。
鳥取県がん対策推進計画の推進に関する民間企業等との協定書の締結について
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部
             健康医療局 健康政策課

    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72270857-26-7227    
    ファクシミリ  0857-26-8143
    E-mail  kenkouseisaku@pref.tottori.lg.jp