コンピュータウイルス対策について

相談事例

コンピュータウイルスに感染したらどのような被害があるのか。また、ウイルス対策としてどのようなことをすればいいのか。

コンピュータウイルスに感染した場合の被害

お使いのパソコンがコンピュータウイルスに感染した場合、

  • パソコン内の情報(データ)がインターネット上に漏えいする
  • パソコンに外部から侵入され、パソコン内のあらゆるデータが自由に見られたり、持ち出されたりする
  • パソコン内のデータが消されてしまったり、パソコンが使えなくなってしまう
  • サイバー攻撃や迷惑メール(スパムメール)の発信元になってしまう

などの被害が考えられます。
パソコン内の情報の漏えいについては、会社の機密情報であったり、個人のプライバシーに関するものが考えられますが、いずれもインターネットに漏えいした時点で、誰に悪用されるか分からないことから、ウイルス対策が重要になります。
ウイルスの中には、持ち主に気づかれないようにパソコンを乗っ取り、密かにサイバー攻撃に参加させたり、迷惑メールの送信元として使うものもあります(「ボット」や「「ボットネット」と呼ばれるウイルスの一種です)。この種のウイルスに感染した場合、あなたは単純な被害者となるだけでなく、場合によってはサイバー犯罪の加害者となる場合もあります。
インターネットを利用する上で、ウイルス対策は、なおざりにできない問題となっています。


コンピュータウイルス対策

セキュリティ修正プログラムの適用

コンピュータウイルスの侵入経路の一つに、ソフトウェアの設計上のミス(バグ)などの、「セキュリティホール」と呼ばれるパソコンの弱点を悪用する、というものがあります。この対策として有効なのがセキュリティ修正プログラムの適用です。お使いのパソコンがWindowsの場合、「Windows Update」や「Microsoft Update」というしくみが用意されており、Windowsの開発元であるマイクロソフト社が、「セキュリティホール」を無くすための修正をしたプログラムを定期的に配布しています。
お使いのパソコンがMacの場合、「ソフトウェアアップデート」というしくみが用意されており、Mac OSの開発元であるアップル社が、「セキュリティホール」を無くすための修正をしたプログラムを適宜配布しています。
パソコンの設定を変えていなければ、自動的にこれらのしくみが動作するようになっていますが、中にはパソコンの動作が遅くなる、等の理由で、これを止めている方もいらっしゃるかもしれません。ウイルス対策のため、自動的にセキュリティ修正プログラムが適用できるように設定しましょう。

ウイルス対策ソフトの導入

家電量販店などに行くと、パソコンソフト売り場でウイルス対策ソフトが販売されています。また、インターネットでは同じ製品が「ダウンロード販売」という形で安価に提供されていることもあります。パソコンにある程度詳しい方であれば、インターネットから無料のウイルス対策ソフトがダウンロードできることをご存じかもしれません。
有料ソフトと無料ソフトの一番の違いは、困ったときにメーカーのサポートが受けられるかどうか、という点です。有料ソフトであれば、危険なサイト(不当請求サイトや詐欺サイトなど)に接続する前に警告してくれる機能を持ったものもあります。
なお、有料ソフトの場合、有効期限が1年から3年程度の範囲で決まっていることが多いので、導入した後は定期的な更新が必要になります。

ダウンロードしたファイルやメールの添付ファイルの取扱い

上記の対策を取っていても、インターネットからダウンロードしたファイルや、メールに添付されてきたファイルなどを不用意に開いていると、ウイルスに感染してしまうことがあります。ウイルスの中には非常に巧妙に作られているものがあり、ウイルス対策ソフトがウイルスの一部分に対処しているスキをついて、残りの部分で感染活動を完了させてしまうようなものがあります。こういったウイルスに対応するため、インターネットからダウンロードしたファイルやメールの添付ファイルについては、一度ウイルスチェックをした上で開くくせをつけましょう。仕事で使っているパソコンの場合、ファイルが添付されたメールを送ってきた人に、電話などでメール送信の事実を確認する、ということも検討して下さい。

USBメモリの取扱い

ウイルスはインターネット経由だけでなく、USBメモリなどの記録媒体(メディア)に潜んで感染の機会を待つものもあります。例えば落とし物のUSBメモリを装って、誰かが会社のパソコンでそのメモリの内容を確認するのを待つ、というサイバー攻撃の手法もあります。落とし物のUSBメモリなど、出所のはっきりしない媒体については中身を確認することは避けましょう。また、パソコンの設定を変更し、USBメモリなどの「自動実行」を停止する対策もあります。