2018シーズン ガイナーレ鳥取の挑戦

2018シーズン ガイナーレ鳥取の挑戦


2018シーズンスローガン
「強小十年 10SPIRITS」

※ 10SPIRITS
自信 オープンマインド 全力 フェア 敬意 感謝 向上心 切磋琢磨 創意工夫 挑戦


ガイナーレ鳥取公式ホームページ(外部サイトへのリンク)


【全国最小県からの挑戦「強小」】

○みなぎる闘志をむき出しにして戦い、J2復帰に挑戦

※「強小」とは、「強さと小ささの魅力の融合」
人口最少県である鳥取ならではの人と人とのつながり、機動力、結束力を武器に、小さくとも強いプロスポーツ組織を目指す。


【注目情報】

みんなでガイナマンたいそう

○ホームタウン活動を通じて、子どもたちにスポーツの楽しさを伝えています。
 (外部サイトへのリンク)

ホームゲームボランティアを募集しています。(外部サイトへのリンク)

「2018 PRIDE OF 中四国」開催!

 2011シーズンから実施してきた「PRIDE OF 中四国」の2018シーズンは、J2徳島ヴォルティス、ファジアーノ岡山、レノファ山口FC、カマタマーレ讃岐、愛媛FC及びJ3ガイナーレ鳥取の6クラブとそのホームタウン自治体で相互に連携を取りながら下記の事業を行います。

■スタンプラリー、順位予想「a・tete」
 J2中四国5クラブが行う「PRIDE OF 中四国」スタンプラリーについては岡山県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県の5県が、J2とJ3の中四国6クラブが行う順位予想「a・tete」については上記の5県に鳥取県を加えた6県が連携して、各県の特産品を賞品として提供し、J2とJ3の中四国6クラブの対戦を通じた相互の物産PRに取り組みます。

事業の詳細は別紙を参照ください。>>>別紙 (PDF165KB)

【チラシ・台紙】
 順位予想「a・tete」チラシ(PDF1240KB)
 スタンプラリー台紙(PDF1586KB)

【参考】
 「PRIDE OF 中四国」は2011年に、当時のJ2所属の4クラブ(ガイナーレ鳥取、ファジアーノ岡山、徳島ヴォルティス、愛媛FC)と各クラブのホームタウン自治体の協力により誕生。地域間交流促進や観光・物産PR等のため、Jクラブとホームタウン自治体が連携して各種事業を実施。

ガイナーレ鳥取

株式会社SC鳥取との包括連携協定

 J2へ参入することで全国への発信力が高まるガイナーレ鳥取と密に連携をすることで、鳥取県の魅力発信や地域の活性化を戦略的に進めていくことを目的に、鳥取県と、ガイナーレ鳥取の運営母体である株式会社SC鳥取は平成23年3月4日、包括連携協定を締結しました。

連携事項

  1. 鳥取県の魅力(観光、物産等)の情報発信に関すること
  2. 県施策の推進に向けた広報に関すること
  3. ホームゲームへの誘客及び地域の賑わい創出に関すること
  4. スポーツ振興及び青少年健全育成に関すること
  5. その他両者の協議により実施する事項

その後引き続き、ガイナーレ鳥取に『とっとりふるさと大使』を委嘱しました。

委嘱状交付式の様子(鳥取県広報課のページ)

ガイナーレトリピー

鳥取県マスコットキャラクター「トリピー」は、鳥取県をPRするマスコットキャラクターとして幅広く活躍しています。ガイナーレトリピーのデザインを鳥取県(庁)以外の方が使用される場合には、鳥取県地域振興部スポーツ課の使用承認が必要となりますので、以下により申請してください。

ガイナーレトリピーのデザインの使用に係る取扱いについて
  

最後に本ページの担当課
   鳥取県地域振興部スポーツ課
   住所  〒680-8570
            鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-79110857-26-7911    
   ファクシミリ  0857-26-8108
    E-mail  sports@pref.tottori.lg.jp