博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

【開催中】とっとりの乱世―因幡・伯耆からみた戦国時代―

とっとりの乱世
戦国時代の因幡・伯耆(今の鳥取県域)は尼子・毛利・織田氏などの大大名が知略を尽くした戦いの場、知られざる天下の「境目」です。乱世を物語る、重要文化財を含む県内外の古文書・武具・考古資料を一堂に集め、因幡・伯耆の100年にわたる戦国時代史を紹介します。

会期

展示風景 2021年10月9日(土)~11月7日(日)

休館日:10月25日(月)
午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前)

※開館延長はありません。

会場

鳥取県立博物館 2階 第1・第2特別展示室

主催

【主催】とっとりの乱世展実行委員会(鳥取県立博物館、山陰中央テレビジョン放送株式会社)

【協賛】日本通運、モリックスジャパン、吉備総合電設、三和商事、鳥取県情報センター

【協力】鳥取県立公文書館、鳥取県立埋蔵文化財センター、鳥取市歴史博物館

観覧料

【観覧料】一般/700円 (20名以上の団体・大学生・70歳以上の方/500円)
※高校生以下、学校教育活動での引率者、障がいのある方・難病患者の方・要介護者等およびその介護者は無料

【前売り】一般のみ/500円〈前売り券販売は終了しました。※10月8日(金)まで〉

  

展示内容

展示風景鳥取県域を構成した因幡(いなば)・伯耆(ほうき)国は、山名氏・尼子氏・毛利氏・織田氏などの強大な勢力をもつ大名同士が人知の限りを尽くして競い合う、「境目(さかいめ)」と呼ばれる紛争地域でした。一方で、因幡・伯耆の人々もこの乱世に果敢に立ち向かい、克服しようとしました。因幡・伯耆国の100年にわたる戦国時代史と、鳥取藩主池田家とその家臣たちの戦国時代の履歴をご紹介します。本企画展では鳥取県にまつわる戦国時代の古文書・武具・甲冑・肖像画などを、新出資料も含め多数展示します。

 

   

【企画展コーナー紹介】 ▶章ごとの詳細はこちらからご覧ください

プロローグ 乱世のはじまりと因幡・伯耆

1章 乱世に翻弄される因幡・伯耆

 2章 乱世を克服する因幡・伯耆

 3章 戦国期因幡・伯耆の文化・経済

 4章 鳥取藩池田家・藩士たちの乱世

 

 

企画展出品一覧

↓企画展の出品一覧をPDFデータ(203kb)でご覧いただけます。

出品一覧

出品資料の一部は展示替を行います。

前期(10月9日(土)から10月24日(日))・後期(10月26日(火)から11月7日(日))として公開します。

企画展についての紹介

2021年9月発行の「鳥取県立博物館ニュース32号」でも企画展について紹介しています。
 〉〉No.32(2ぺージ)PDF2.7KB

  

見どころ

イラストレーター獅子猿の美麗な武将たち

展示風景展示内容に関連の深い5 人の武将を題材としたイラストを、『三国志大戦』などの作品で知られる気鋭のイラストレーター・獅子猿氏が描き展示会場を彩ります。例えば、表紙に掲載されている山中幸盛(鹿介)のイラストには、彼が最期に着用していたという兜が描きこまれています。イラストを足掛かりに戦国時代に想いを馳せるのもよいでしょう。

▶描かれた5人の武将について

 

躍動する甲冑ディスプレイ  

展示風景合戦図の武士たちの躍動を、具足を着用したマネキンで再現する「甲冑ディスプレイ」展示

▶展示の様子はこちらからご覧ください。

 

 

よみがえる鳥取県の山城

展示風景

県内に多数残されている山城を、県埋蔵文化財センターの最新の研究成果をもとに紹介します。

展示風景

動画『因幡・伯耆ゆかりの山城』

(動画:堀切凡夫氏)
展示室内で、月山富田城、吉田郡山城、若桜鬼ヶ城などの山城をドローンにより撮影した空撮動画(30分間)をくり返し放映しています。

体験コーナー

展示風景

鉄錆十二間筋兜のレプリカを触ってみよう!


山中幸盛(鹿介)が使用したという鉄錆十二間筋兜(てつさびじゅうにけんすじかぶと)。今回の企画展ではこのレプリカをみなさまに触っていただくことができます。

(原品:吉川史料館)

〈お願い〉触れる際にはビニール手袋を着用し、落とさないようにお願いします。このコーナーで被ることはできません。

  

企画展に関わる当館共催の事業

新鳥取県史を学ぶ講座「西国の戦国時代と因幡・伯耆の人々」 (公文書館のページへ移行)

会場:鳥取県立博物館

全4回で日本を代表する中世史専門家を迎え、戦国時代をたくましく生きた因幡・伯耆の人々にスポットを当て、「新鳥取県史」の収録資料や最新の研究成果をもとに新たな切り口で因伯地域を取り巻く戦国時代の歴史像を明らかにします。

主催:鳥取県立公文書館/共催:鳥取県立博物館

 

チラシ

チラシ表  チラシ裏面

チラシ (pdf:1057KB)をクリックすると、PDFで拡大してご覧いただけます。

ミュージアムショップ

ショップミュージアムショップでは企画展図録や、関連商品を多数ご用意しております。

ご来館の際には是非お立ち寄りください。

また、当企画展会期中にミュージアムショップで商品を購入され方へ、会計1回につきポストカードを1枚プレゼントいたします。

詳しくはこちらでご覧ください。

  

テレビCM(山陰中央テレビ)

テレビCM

企画展担当学芸員について

鳥取県立博物館 学芸課人文担当

山本 隆一朗(YAMAMOTO, Ryuuichirou)歴史(中世史):学芸員

お知らせ

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、本展の会期や内容に変更が生じる可能性があります。

お問い合わせ

鳥取県立博物館 学芸課 人文担当
〒680-0011鳥取県鳥取市東町二丁目124 TEL.0857-26-8044 FAX.0857-26-8041 
  


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000