第3回万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会 出場チーム募集

 鳥取県は、「令和」の出典となった梅花の宴の場にいた山上憶良と万葉集結びの歌を詠んだ大伴家持の二人の万葉歌人が国司として赴任した地です。

 このことから、鳥取県が万葉集ゆかりの地であることを広く全国に発信するとともに、若い世代が日本古来の文化である短歌に親しむきっかけとなるよう、全国の高校生を対象とした「第3回万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会」を開催することとし、出場チームを募集します。

 募集期間は、令和3年6月16日(水)~9月8日(水)です。

 高校生の皆さんの応募をお待ちしています!

短歌大会イラスト

  

1 募集要項、チラシ

2 対象

 (1) 参加資格

以下A~Cを全て満たす者とする。
A 令和3年度に高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。)、特別支援学校高等部、高等専門学校または専修学校(修業年限が高等学校と一致している生徒に限る。)のいずれかに在籍していること。

B 予選を通過した場合、本選大会に参加できること。

C 本選大会に宿泊を伴って参加する場合、保護者了承の上で教員又は保護者などの大人が同行できること。

(2)チーム編成

同一校又は複数校の生徒で編成するものとし、3名1チームとする。なお、同一校からの複数チームの参加申込についても可能とする。

(3)本選大会出場チーム数

A 本選大会出場チームは予選審査を通過した6チームとする。

B 上記Aの6チームのうち2チームは開催地(鳥取県)枠とする。ただし、開催地の参加申込チーム数が1以下であった場合、又は主催者が開催地のチームを1チーム以下とすべきと判断した場合はこの限りでない。

3 参加申込方法(予選)

郵送、ファクシミリ、又は鳥取県公式ウェブサイト「とりネット」内の「とっとり電子申請サービス」の申込フォームにより以下の提出様式による内容を送付してください。

※申込受付後、3日以内(閉庁日除く)に申込を受け付けた旨を電子メール等により連絡しますので、折り返しの連絡がない場合は、お問い合わせください。

 

郵送、ファクシミリの場合

提出様式:様式1号 第3回万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会参加申込書(郵送用)

ダウンロードはこちら:ワードファイル (doc:47KB) PDFファイル (pdf:156KB)

申込先(当日消印有効):

鳥取県地域づくり推進部文化政策課
 住所:〒680-8570 鳥取県鳥取市東町一丁目220
 ファクシミリ:0857-26-8108

 ※なお、「〒680-8570」のみで、住所記載がなくても届きます。

 

「とっとり電子申請サービス」の場合

(1)提出様式:様式2号 第3回万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会参加申込書(データ用)をダウンロードしてください。

 ダウンロードはこちら:エクセルファイル (xlsx:23KB)

 ※シートが2枚ありますので、ご注意ください。

(2)様式に必要事項を記入し、一度、ご自分のパソコン等に保存してください。

(3)以下のリンクから「とっとり電子申請サービス」の申込フォームに移動し、必要事項の入力とともに、上記(2)で保存された提出様式のエクセルファイルを添付して、申込んでください。

「とっとり電子申請サービス」申込フォームへのリンク

※提出方法について、詳しくはこちら →提出手順書(pdf:159KB)

※データによる提出を希望される場合で、「とっとり電子申請サービス」の利用ができない場合は、お問合せください。

4 予選

(1) 題

以下のとおりとする。

  題:先鋒「 青」 中堅「 歩」 大将「 声」

なお、本選大会出場となった場合、準決勝においては参加申込した短歌にて対戦するものとする。

【留意点】

・示された題(漢字)そのものを短歌に詠み込むこと。
・1人1首・1チーム計3首とし、本人が創作した未発表の作品に限る。
 (審査はそれぞれの作品について行うこととし、チーム内の作品の関連性は問わない。)
 ・辞書に掲載されている読み方及び熟語の一部として使用することができる。 

(2)募集期間

令和3年6月16日(水)から9月8日(水)まで

(郵送:当日消印有効 ファクシミリ、とっとり電子申請サービス:当日必着)

(3)審査方法

主催者が依頼した審査員が審査を行い、本選大会へ出場するチーム及び入選作品を決定する。

(4)予選審査結果の通知

  • 本選大会出場チーム及び入選作品については、10月上旬までに各チームに結果を通知する。
  • 本選大会出場チームは鳥取県文化政策課ウェブサイトにて公表し、別途本選大会参加に係る必要書類等を送付する。

5 本選大会

(1) 日時

令和3年11月7日(日) 午前10時から正午まで
※本選大会後、審査員らと本選大会参加者による交流会を開催する予定。

(2) 会場

県民ふれあい会館(鳥取県立生涯学習センター)ホール(県民ふれあい会館ウェブサイト

(鳥取県鳥取市扇町21番地)

※当日は、どなたでも観戦いただけます(予約不要、無料)。ご来場の際は、マスクの着用、検温等健康状態の確認、連絡先の確認など、新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力をお願いします。

※新型コロナウイルス感染症の状況により、観客制限を設ける、または開催方法を変更する場合があります。

(3) 審査員

大辻隆弘 氏(歌人、「未来」編集発行人・選者、現代歌人協会会員、現代歌人集会理事)
穂村 弘 氏(歌人、歌誌「かばん」所属、日経新聞歌壇選者)
江戸 雪 氏(歌人、「西瓜」同人、中之島歌会)

(4) 対戦方法

作者による短歌の発表後、審査員との質疑応答を行う。先鋒、中堅、大将戦。各チームは万葉衣装に身を包み、自由なパフォーマンスで作品を発表し、トーナメント方式の団体戦を行う。(準決勝3試合お及び決勝の合計4試合)

※準決勝は、予選に応募された作品により対戦する。

※各試合の流れ等、詳細は募集要項をご確認ください。

(5) 決勝の題

  先鋒「大」 中堅「布」 大将「会」

(6) 表彰

  • 優勝 副賞:図書カード 1万5千円分/チーム
  • 準優勝 副賞:図書カード 1万円分/チーム
  • 第3位 副賞:図書カード 5千円分/チーム
  • 審査員特別賞(3名) 副賞:図書カード 3千円分/名
    ※予選審査で選定された本選大会出場チームの作品及び入選作品の中から本選の審査員が1首ずつ選定し、それぞれに「審査員特別賞大辻隆弘賞」「審査員特別賞穂村弘賞」「審査員特別賞江戸雪賞」を授与する。
  • パフォーマンス特別賞(2チーム) 副賞:鳥取県の特産品 5千円相当/チーム
    ※本選大会当日は、主催者が準備する万葉衣装を着用し、自由なパフォーマンス(身体表現、言葉による表現等)により作品を発表。審査員が、短歌の素晴らしさや楽しさが伝わるとともに、作品世界がより豊かに表現されたパフォーマンスを行った最大2チームを選考する。審査対象は、準決勝のパフォーマンスとする。
  • 入選作品は、本選大会当日のプログラム等に掲載する。

6 参加費用

 (1)予選

予選の参加申込にかかる費用は全て参加申込者の負担とする。

(2) 本選大会

参加料は無料。

交通費・宿泊費として、参加チームには上限150,000円/チーム、審査員特別賞受賞者には上限50,000円/名を支給。(詳細は募集要項をご確認ください。)

7 主催・後援

(1) 主催

鳥取県

(2) 後援

鳥取県教育委員会 鳥取県高等学校文化連盟 鳥取県歌人会 朝日新聞鳥取総局 共同通信社鳥取支局 山陰中央新報社 産経新聞社 (株)新日本海新聞社 時事通信社鳥取支局 中国新聞鳥取支局 毎日新聞鳥取支局 読売新聞鳥取支局 NHK鳥取放送局 TSKさんいん中央テレビ テレビ朝日鳥取支局 日本海テレビ BSS山陰放送 いなばぴょんぴょんネット (株)中海テレビ放送 日本海ケーブルネットワーク 鳥取中央有線放送(株) (順不同)

8 問合せ先

鳥取県地域づくり推進部文化政策課
住所 〒680-8570 鳥取県鳥取市東町一丁目220(鳥取県庁本庁舎6階)

   ※なお、「〒680-8570」のみで、住所記載がなくても届きます。
電話  0857-26-7134/ファクシミリ0857-26-8108/電子メールbunsei@pref.tottori.lg.jp

  

最後に本ページの担当課
   鳥取県 地域づくり推進部 文化政策課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-71250857-26-7125    
   ファクシミリ   0857-26-8108
    E-mail  bunsei@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000