博物館ロゴ                              (topページへ戻る) 利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

【2月16日より開催】Our Collections !

Our Collections ! ―鳥取県のアート・コレクションの、これまでとこれから―

新しい美術館を、イメージしよう

会期

2019年2月16日(土)~3月10日(日) 
※休館日:会期中の月曜日
午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前)

会場

鳥取県立博物館 2階 第1・第2特別展示室

観覧料

一般/400円 (20名以上の団体/200円)
≪前売り券の販売はありません≫
※大学生以下、70歳以上、学校活動での引率者、障がいのある方・難病患者の方・要介護者等およびその介護者は減免(観覧無料)

趣旨

(國領經郎《遠い海》1977年 油彩・キャンバス)鳥取県では、新たに県立美術館を倉吉市(倉吉未来中心隣接)に整備します(平成36(2024)年度中に開館予定)。「未来を『つくる』美術館」をコンセプトに、県民とともにつくりあげる、県民がより身近に感じられる美術館を目指しています。この動きに呼応し、さらに多くの方々に関心を持っていただくため、美術館の核となる鳥取県立博物館の美術コレクションを中心とした展覧会を開催します。会場では、博物館がこれまで集めてきた美術作品のほか、来場された方に美術館開館後のコレクション展をイメージしていただくため、これから新しく収集していきたいと考えている様々なタイプの作品を実物や写真資料などで紹介します。本展を通じて、新しい美術館の姿を皆さまと一緒に考えてみたいと思います。 
(画像:國領經郎《遠い海》1977年 油彩・キャンバス)

展示内の構成

前田寬治《西洋婦人像》1925年頃 油彩・キャンバス第一章

鳥取県がこれまでに進めてきた美術コレクションの収集の歴史を作品と合わせて紹介

第二章

「前田寛治とその周辺」「砂のある風景」など、幾つかのテーマを設定して作品を紹介

第三章

事前に行った人気投票で選ばれた作品を紹介

第四章

美術館の新しい収集方針の原案をイメージできる作品を、美術館や個人、画廊等のコレクションから借用して紹介
(画像:前田寬治《西洋婦人像》1925年頃 油彩・キャンバス)
  

いっしょにみてみて、もくようび 。

展示室に小さなお子様とご一緒にお越しいただき、気兼ねなく作品鑑賞をしていただくための時間として、会期中の毎週木曜日の午前中を「子どもと一緒の鑑賞優先時間」としています。ベビーカーを押して、ぜひお越しください

企画展チラシ

チラシ表面 チラシ裏面
▲拡大してご覧いただく場合はこちらから画像をクリックしてpdfデータでご覧ください。

企画展担当学芸員について

鳥取県立博物館 美術振興課
三浦  努 (MIURA, Tsutomu) 
 近代現代の絵画・版画・彫刻・工芸:主幹学芸員

お問い合わせ

鳥取県立博物館
〒680-0011鳥取市東町二丁目124 TEL.0857-26-8042 FAX.0857-26-8041 
  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp