当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

【開催中】殿様の愛した禅 黄檗(おうばく)文化とその名宝

江戸時代の鳥取藩の歴代藩主は、中国僧隠元和尚が伝えた臨済宗(りんざいしゅう)黄檗派(おうばくは、明治以後黄檗宗)という新進の仏教を信仰し、その菩提寺である興禅寺(こうぜんじ)は「黄檗三叢林」とされ高い寺格を誇りました。本展は、江戸時代鳥取における黄檗宗に光を当てる初めての試みで、鳥取の文化に大きな影響を与えた黄檗の歴史を紹介します。

  

会期

2019年10月5日(土)~11月4日(月・振休) ※休館日:10月21日(月)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前)

会場

鳥取県立博物館 第1・第2特別展示室

主催

【主催】「黄檗」実行委員会(鳥取県立博物館、山陰中央テレビジョン放送株式会社)

【特別協力】 黄檗山萬福寺、龍峰山興禅寺

観覧料

一般700円 (前売り・団体・大学生・70才以上の方/500円)

※次の方は無料…高校生以下の方、学校教育活動での引率者、障がいのある方、難病患者の方、要介護者等及びその介護者

「黄檗」って何?

喜多元規「隠元隆琦像」当館蔵 黄檗(宗)とは、隠元隆琦(いんげんりゅうき)という中国人の僧が立てた禅宗(ぜんしゅう)の一派です。鎖国体制下、承応(じょうおう)3年(1654)に長崎へ渡来し、寛文元年(1661)京都宇治の地に中国風の黄檗山萬福寺(まんぷくじ)をつくりました。
 隠元とその弟子たちが伝えた中国文化は、将軍や大名のみならず庶民にとってもあこがれの外来文化でした。

 

鳥取と黄檗宗との関係は?

「池田光仲像」当館蔵 鳥取藩32万石の初代藩主池田光仲(みつなか)が黄檗宗を信仰し、その後藩内に広まり、最盛期には30ヶ寺を超える黄檗寺院が存在しました。また、池田家の菩提寺(ぼだいじ)である興禅寺(こうぜんじ)は、仙台藩の大年寺(だいねんじ)、萩藩の東光寺(とうこうじ)と並ぶ「黄檗三叢林(おうばくさんそうりん)」と称される日本有数の黄檗寺院でした。
 米子城代で鳥取藩筆頭家老の米子荒尾家以下、たくさんの鳥取藩士たちも黄檗を信仰していました。

みどころは?

 ■黄檗僧の肖像画(頂相(ちんそう))

黄檗以前の肖像画は斜め向きに描かれるものでしたが、黄檗のものは正面向きで、顔は陰影を付けて正確に描かれました。そのリアルさは見る者を圧倒します。(右図を参照)

■隠元の書

江戸時代、黄檗僧の書いた文字は「唐様(からよう)」と呼ばれ、一世を風靡しました。

■黄檗ゆかりの名画

だれもが知る伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)や池大雅(いけのたいが)など黄檗ゆかりの画家の作品は必見です。右図の白黒の肖像が若冲作です。

■歴史マニア垂涎!

歴代鳥取藩主肖像画と位牌が150年ぶり奇跡の再会! 興禅寺の黄檗様の仏像もほぼ出陳されます。

隠元「黄檗山」(萬福寺蔵、重要文化財)池大雅「五百羅漢図」(萬福寺蔵、重要文化財)

展示構成

 【展示構成について 】

 ▲詳しくはこちらからご覧ください

(1章)隠元禅師の来日と黄檗禅林の美
(2章)黄檗に魅せられた全国の殿様たち
(3章)黄檗の雄 鳥取藩主池田家と興禅寺
(4章)因幡・伯耆の黄檗寺院

企画展の紹介

2019年3月当館発行の「鳥取県立博物館ニュース」でも企画展について紹介しています。
 〉〉No.27(4ージ)PDF(3.3MB)

また、ミュージアム・博物館・美術館の情報サイトインターネットミュージアムにもご掲載いただいております。

出品目録

企画展の出品目録をPDFデータ(418kb)でご覧いただけます。

※18番の観音図帖は10月16日(水)より場面替えをして展示します。

  

ミュージアムショップ

 企画展に合わせて図録や企画展関連の商品を多数取りそろえております。

ご来館の際には是非お立ち寄りください。

ポストカードプレゼント

はがき1階ミュージアムショップでは当企画展会期中(令和元年10月5日~11月4日)に商品を購入され方へ、会計1回につき、当館のオリジナルポストカードを1枚プレゼントいたします。人文分野の8種よりお選びいただけます。
ご来館の際には是非お立ち寄りください。

企画展CM 開幕前編

CM

企画展チラシ

   

拡大してごらんになられたい方はチラシ画像をクリックし、PDF画像で閲覧ください。

企画展担当学芸員について

鳥取県立博物館 学芸課 人文担当
・大嶋  陽一 (OOSHIMA, Yoichi) 歴史(近世史)

お問い合わせ

鳥取県立博物館 学芸課 人文担当
〒680-0011鳥取市東町二丁目124 TEL.0857-26-8044 FAX.0857-26-8041
  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp