日野郡の必見情報

 

 

このページでは、日野振興センターの職員が日野郡内のイベントや旬な情報、実際体験したこと、お得な必見情報などを皆さんへお届けしています!

皆さんからの情報もお待ちしています!

【日野ごよみ】でメールしてください。

hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp

2014年6月2日

花田植って見たことありますか?~日南町多里~

初夏の爽やかなある日、日南町多里の旧新屋(にいや)集落で恒例の花田植が行われました。

花田植とは、苗を1本づつ手で植えていた時代、その重労働に携わる人たちを元気づけるために行われていたもので、そろいの衣装を着て苗を植える早乙女たちに向け、鉦(かね)や太鼓に合わせて田植唄が歌われます。
花田植


日南町多里では、昭和26年、多里花田植保存会が発足。しかし、経済的な負担が大きく、昭和35年を最後に花田植は途絶えていました。
ところが、平成15年、島根大学の学生たちが多里の旧新屋集落で手植えによる田植え体験を始めたのをきっかけとして、保存会の再登場となったものです。

さて、田んぼに入る前、お神酒をいただいて神様に祈りを捧げます。
絣の着物姿の女性が保存会の会長、村本幸枝さん。
村本会長

参加したのは島根大学の学生サークル「でんでん村」のメンバーと、「日南トマト」を使った新メニューの開発で日南町と縁ができた米子南高校の生徒たち。それに中海テレビのスタッフ。
参加者の皆さん

保存会のベテラン会員さんが畔に立ち、太鼓をたたきながら朗々と歌い上げます。
歌い上げる歌い上げる

唄に合わせてか、それともマイペースか…。
田植え田植え

お母さん方は野立て(?)のてんぷら作り。タラの芽、わらび、ぜんまい、そして藤の花も…!
天ぷらづくり天ぷらづくり

こんなにたっぷりと。
出来上がり

食べるが先か、しゃべるが先か。
食事
談笑

昼食後は田植え機で現代の田植えを体験。指導するのは島根大学OBで、日南町にIターンしてトマトを生産している糸田川啓さん。糸田川さんもかつて学生時代、ここで花田植を経験したそうです。

真剣です。
田植機

上出来!と褒められたのかな。
田植機

田植唄を歌える後継者がいない、というのが保存会の悩みだそうですが、「これからも皆さんに引っ張ってもらって、やれるとこまでやります」と村本会長は笑います。

旧新屋集落の賑やかで楽しい1日でした。

                    By 地域づくりサポーター 梅林敏彦

日野振興局 2014/06/02 in ◇日野振興局,●日南町,☆地域団体等の活動

問い合わせ先

西部総合事務所 日野振興センター日野振興局
〒689-4503鳥取県日野郡日野町根雨140-1
(電話)0859(72)2086
(ファクシミリ)0859(72)2072
(電子メール)hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp

  

 このサイトに関するお問合せは   

西部総合事務所日野振興センター日野振興局
〒689-4503  鳥取県日野郡日野町根雨140-1
TEL : 0859(72)2083   FAX : 0859(72)2072   
Eメール : hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp

夜間・休日のお問合せは          

0859-72-0321(代表)

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000