獣医師法第22条の届出

獣医師法第22条の届出について

「獣医師は2年ごとにその氏名、住所等を農林水産大臣に届け出なければならない」と規定されています(獣医師法第22条)。 届出をしなかったときは獣医師法第8条第2項の規定により、業務の停止や免許が取り消されることがあります。   詳しくは農林水産省のホームページ(獣医師法第22条の届出)をご覧ください。

 

1 届出の時点

令和2年年12月31日現在の状況

2 届け出先、届出時期(期間)、提出サイズ・部数
届出先  

最寄の家畜保健衛生所(鳥取・倉吉・西部)又は畜産課へ郵送、メール(下記)または御持参下さい。

届出時期 

令和2年1月1日から令和2年1月31日まで(目安は1月16日までに)(県でとりまとめて農林水産省に提出します。)
持参される場合は、土日祝日は受け付けられません。受付時間は午前8時30分から午後5時15分までです。

提出サイズ、部数  

A4サイズ(両面印刷) 1部
 公益社団法人鳥取県獣医師会から送付された申請用紙(2枚複写)をお持ちの方は、1枚目は届出者で保管し、2枚目を提出して下さい。公益社団法人鳥取県獣医師会へ送付されても届出は受理できません。 

様式

22条届出様式(Excel(71KB),  PDF(98KB) )  

法令根拠
 獣医師法第22条
獣医師は、農林水産省令で定める2年ごとの年の12月31日現在における氏名、住所その他農林水産省令で定める事項を、当該年の翌年の1月31日までに、その住所地を管轄する都道府県知事を経由して、農林水産大臣に届け出なければならない。

飼育動物診療施設の開設等の届出

詳細は、こちらのページをご覧ください。(鳥取家畜保健衛生所HPへ移動します)
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000