新型コロナウイルス感染症特設サイト タイトル

変異株

 

 タイトルをクリック又はタップすると、内容の表示・非表示の切り替えができます。

 

注意喚起、重要事項

RSS 1.0

デルタ株確認時の対応 (2021年6月17日更新)

徹底した封じ込め

  • 徹底的な疫学調査の実施
  • 迅速に検査を実施
    → 周囲の感染者を早期に把握、封じ込める

情報提供・注意喚起

  • 陽性確認時は「デルタ株感染警戒情報」を即時発令

県民の皆様へ

  • デルタ株であっても基本的な感染予防策は変わりません。
  • ウイルスは対策の隙を狙っています。
  • 県が発表する警戒情報を参考に、今まで以上に感染予防策を徹底しましょう。
更新日:2021年6月17日
  

 

 

検査、感染

アコーディオン全表示切替RSS 1.0

変異株スクリーニング検査実施状況 (2021年6月24日更新)


デルタ変異株感染拡大状況 (2021年6月16日現在)


厚生労働省 都道府県別の懸念される変異株の国内事例数(ゲノム解析)

  

 

 

対策

アコーディオン全表示切替RSS 1.0

ゲノム解析の体制(PCR検査からゲノム解析までの流れ) (2021年6月15日更新)


衛生環境研究所における全ゲノム解析の状況(速報) (2021年6月9日更新)


全ゲノム解析による変異株検査により見えてきたもの (2021年6月2日更新)


鳥取県独自のデルタ変異株(L452R変異)対策緊急プロジェクト (2021年6月2日更新)

 大阪・兵庫・広島など近県においても感染力が強い「デルタ変異株(L452R変異)」による感染が確認されています。県として初期段階での感染の抑え込みに取り組みます。

解析・分析

  • 衛生環境研究所の実施する全ゲノム解析を開始
  • 変異株スクリーニング検査の外部委託を準備中

外国人の皆様への感染予防呼びかけ

封じ込めへの協力

  • 中国地方知事会議(2021年5月26日)、関西広域連合(2021年5月27日)において、各地域の発生状況、解析・分析結果を速やかに情報共有し、協力してデルタ変異株(L452R変異)を封じ込めていく方針を決定

 

(参考) 2021年5月28日 特措法に基づく鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部(第81回)

 


迅速対応特別チーム

分析チーム

  • 衛生環境研究所の実施する全ゲノム解析による判定
  • スクリーニング検査も外部委託により実施
  • デルタ変異株(L452R変異)の検査・分析
    (2021年5月臨時補正予算案 40,000千円)

疫学調査チーム

  • 徹底した疫学調査を実施し感染経路を特定
  • 近県を中心に変異株の検出状況を情報共有

デルタ変異株(L452R変異)感染警戒情報

  • 陽性者が見つかれば即時発令

予防呼びかけ強化

  • 外国語も含めウェブページ、チラシ配布
  • 感染の影響が懸念される団体へ即時情報提供

 

(参考) 2021年5月20日 知事定例記者会見

 

担当課:新型コロナウイルス感染症対策本部事務局

更新日:2021年6月17日
  

 

 

その他

アコーディオン全表示切替RSS 1.0

変異株に関するQ&A等 (外部リンク)


厚生労働省の変異株への対応

  

 

担当課:新型コロナウイルス感染症対策本部事務局

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000