新型コロナウイルス感染症特設サイト タイトル

医療提供体制、宿泊療養、福祉体制等

 

 タイトルをクリック又はタップすると、内容の表示・非表示の切り替えができます。

アコーディオン全表示切替RSS 1.0

入院体制(病床数、病床使用率)及び宿泊療養体制の現状 (2021年4月16日18時00分更新)

  

 

 

アコーディオン全表示切替RSS 1.0

鳥取方式の医療提供体制整備(早期検査・早期入院・早期治療) (2021年5月12日更新)


鳥取方式の「早期検査」の体制強化(高齢者施設等) (2021年5月14日更新)


検査体制の拡充(大学等学内PCR検査、抗原簡易キットの活用検討) (2021年5月12日更新)


第4波に備える医療提供体制の拡充 (2021年5月7日更新)

コロナ患者受入体制の強化の図

(参考) 2021年5月7日 特措法に基づく鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部(第78回)

 


第4波に備える本県の新型コロナ対策1

第4波に備える本県の新型コロナ対策2

(参考) 2021年4月1日 知事定例記者会見

 


第4波に備える医療提供体制の方針 (2021年3月22日)

1 「早期検査」「早期入院」「早期治療」の鳥取方式の強化

  • 身近なかかりつけ医等で検査を実施していただくことで感染を早期に探知
  • 診療所での抗原検査キットによる検査実施、病院へのPCR等検査機器の導入を引き続き支援
    一日最大検査能力:4,900検体 ⇒ 5,600検体(2020年度末) ⇒ 6,000検体(2021年度整備後)
  • 陽性者の家族等は即日検査し、翌日以降、職場や利用施設も濃厚接触者に限らず幅広に検査
  • 陽性者は全員、即日又は翌日入院(宿泊療養は入院後に判断)
  • バイタルデータ測定、CT画像診断などで必ずメディカルチェック

2 コロナ患者の入院受入体制の充実(2021年3月22日時点の即応病床:11病院198床)

  • 入院患者数や感染発生動向を見ながらコロナ患者用の即応病床を機動的に確保し、救急や他の疾患等の患者に対する必要な医療を両立しつつ、引き続き最大確保病床の増加を図る(最大確保病床:18病院317床)
  • 医療機能(重症病床、中等症病床、回復患者受入れ、宿泊療養等)の役割分担を改めて確認し、病病連携によるコロナ患者や回復患者の円滑な転院調整を促進

3 変異株に対する検査の迅速実施

  • 陽性確認したすべての検体について県衛生環境研究所で変異株のスクリーニング検査を実施するとともに、県衛生環境研究所に遺伝子解析の体制を整備していく
  • 変異株が確認された場合、速やかに「新型コロナ感染増大警戒情報」を発令し、県民への注意喚起や検査体制等の対策を強化

4 社会福祉施設の感染対策の強化

  • 体調不良等緊急通報制度、緊急行政検査などで施設内感染を早期に探知
  • 感染者が1例でも発生した場合、高齢者施設感染発生即応チームが現地点検調査を実施。県・市町村の合同チームも現地派遣し、迅速に対応。

5 市町村、関係機関と調整し、円滑なワクチン接種体制を整備

 

(参考) 2021年3月22日 特措法に基づく鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部(第67回)

 

担当課:新型コロナウイルス感染症対策本部事務局

更新日:2021年5月7日

医療提供体制の拡充(第3波以前) (2021年2月22日更新)


2021年4月15日 緊急対応の西部PCR検査センター開設


医療提供体制に関する動画


検査、入院、オンライン診療等 (2020年8月6日更新)


関西経済連合会からの寄付を活用した新型コロナ患者等搬送車両の配備


入院患者の家族支援

 

 

アコーディオン全表示切替RSS 1.0

宿泊療養

  

 

 

アコーディオン全表示切替RSS 1.0

社会福祉施設支援 (2021年4月7日更新)


障がい者、高齢者支援 (2020年9月8日更新)


児童福祉施設等支援


保育施設等の新型コロナ感染症対策に係る現地指導 (2021年4月23日更新)


新型コロナ対策に係る外国人サポート体制(2020年11月11日~)


【お願い:自分でも預け先を探しておきましょう】ペットの一時預かり体制 (2020年12月31日更新)

  

 

 

アコーディオン全表示切替RSS 1.0

2020年11月 鳥取大学に寄附講座「臨床感染症学講座」を設置(都道府県として全国初)

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000