メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。
不具合があった場合、お手数ですがsyokunomiyako@pref.tottori.lg.jpまでお知らせください。
検索

鳥取まいもん宣隊FaceBookページ

食のみやこ公式Twitter

食のみやこ公式Instagram

  

鳥取県のジビエへの取り組み

  TottoriGibier

鳥取県は「食のみやこ鳥取県」をテーマにして、豊かな食による県政の推進に取り組んでいます。近年、中山間地域を中心としてイノシシやシカなどによる被害が拡大する中、ジビエを「食のみやこ鳥取県」の新たな資源「とっとりジビエ」として活用することを進めています。

とっとりジビエロゴ

「とっとりジビエ」ロゴマーク

・県内のハンターについてはコチラ

・野生鳥獣の保護・管理についてはコチラ


ジビエとは

ジビエ(仏 gibier)とは、主にフランス料理での用語で、狩猟によって食材として捕獲された野生の鳥獣のことで、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。
 その昔フランスなどでは、ジビエを使った料理は自分の領地で狩猟ができるような、上流階級の貴族の口にしか入らないほど貴重なものでした。
そのためフランス料理界では古くから高級食材として重宝され、高貴で特別な料理として愛されています。

鳥取県におけるジビエ解体処理場のHACCP認定状況

 鳥取県では、鳥取県食品衛生条例に基づき、HACCP(ハサップ)による衛生管理を行う施設を鳥取県HACCP適合施設として認定しています。 
 鳥取県内のジビエ加工処理施設では、「わかさ29工房」が県内で初めて平成29年6月に認定されました。

 続いて、「日本猪牧場」が平成30年12月に、「ちづDeer's」が令和2年10月に認定されました。

わかさ29工房の交付式の様子

「日本猪牧場」の認定祝賀会の様子(外部リンク)

ちづDeer's

 


鳥取県におけるジビエ振興の主な成果

 ○平成30年度野生鳥獣資源利用実態調査において、

・鹿の利用量は、北海道に続いて2位。(長野県と同位)(平成28年度、平成29年度は、北海道に続いて単独2位)。

・猪の利用量は10位。

・ジビエ全体の利用量では、鳥取県は全国で4位。

※上記の利用量はいずれもペットフードでの利用は除いたもの。

※参考:農林水産統計「野生鳥獣資源利用実態調査」(外部リンク)

○県内12市町村の学校給食でジビエが提供された(平成30年度)

○県東部のスーパーマーケットにてジビエを通年販売中

○ボキューズ・ドール国際料理コンクール日本代表決勝大会の課題食材に鳥取県の鹿肉が採用された(平成29年度)

※参考:日本ジビエ振興協会(外部リンク)

○いなばのジビエ推進協議会が鳥獣害対策優良活動表彰で農水大臣賞を受賞(平成29年度)

※参考:農林水産省鳥獣対策優良活動表彰HP(外部リンク)

○いなばのジビエ推進協議会ジビエ倍増モデル推進委員会が農水省のジビエ利用モデル地区に選定された(平成29年度)

※参考:農林水産省HPジビエ利用モデル地区の選定について(外部リンク)


とっとりジビエの紹介冊子を作成しました。

 本県のジビエの特徴やレシピ等を紹介する「とっとりジビエ」を発行しました。

リンク先は以下の通りです。

~豊かな鳥取の自然の恵み~とっとりジビエ(pdf:1914KB)

料理人のためのとっとりジビエレシピブック(pdf:1914KB)

  

野生鳥獣肉(ジビエ)の衛生について

鳥取県野生獣肉衛生管理ガイドライン、ジビエを食べる際や飲食店での野生鳥獣肉の取り扱いの注意点についてはコチラ

  

これまでの県内におけるジビエイベントについて

■とっとりジビエフェス

平成30年度開催の様子

令和元年度開催の様子

 

■とっとりジビエレストランフェア

令和元年度開催の様子(様々なジビエメニューが!)

■いなばのジビエフェア

令和2年度の内容(10月1日~10月31日)現在開催中!

  
  

県内におけるジビエ推進協議会の取組

 イノシシ・シカによる被害が年々増加する中、鳥取県の東部地区において、平成24年5月に狩猟者(川上)から飲食店(川下)までのジビエ関係者が連携した全国初の組織として「いなばのジビエ推進協議会」が設立され、ジビエの認知度向上とイメージアップを進めているところです。これに続き、平成30年2月には県の中西部地区において「ほうきのジビエ推進協議会」が設立されました。
 県外の先進地視察や解体処理実習などによる捕獲・解体処理技術の向上や衛生管理の徹底に努めるとともに、会員の飲食店が連携してジビエフェア(レストランフェア)を企画開催するなど消費の拡大にも取り組んでいます。

■↓県内のジビエの取扱店舗や活動内容はコチラ↓

○いなばのジビエ推進協議会HP(外部リンク)(鳥取県東部)

○ほうきのジビエ推進協議会HP(外部リンク)(鳥取県中・西部)

 

  
  

「とっとりジビエ」座談会@ONLINE 開催

              

2021年1月20日(水) に、鳥取と東京を結んだ「とっとりジビエ」座談会@ONLINEを開催します。

 

鳥取県は「ジビエを食べて鳥取の里山と農業を守ろう」をテーマに、ジビエの普及推進活動に取り組んでいます。

今回の座談会は、都市部の高級レストランの料理人の方々にも絶大なる信頼と支持を得ている「とっとりジビエ」の魅力を、東京・青山のフレンチレストラン「ラチュレ」オーナーシェフ室田氏と鳥取のジビエ関係者に語っていただきます。

コロナ禍の中、「とっとりジビエ」に関わり頑張っている飲食店にエールを送るとともに、「とっとりジビエ」の魅力を全国に発信する座談会です。

 

座談会の様子は開催の様子は、YouTubeLiveのこちらのリンクからライブ配信でご覧いただけます。

「とっとりジビエ」座談会@ONLINE ライブ配信URL

 

【開催日時】

令和3年1月20日(水) 午後3時から午後4時30分

 

【座談会参加者】

<鳥取第3会場(鳥取県庁)から参加>

鳥取県知事         平井伸治 (冒頭のご挨拶) 

 

<東京会場から参加>

ラチュレ オーナーシェフ  室田 拓人   

 

<鳥取第1会場(梅乃井)から参加>

梅乃井 店主          宮崎 博士

日本猪牧場 代表      徳岡 憲一

いなばのジビエ推進協議会  米村 晴己

市場開拓局長        梅田 雅彦

 

<鳥取第2会場>

わかさ29工房 管理責任者 河戸 建樹

 

皆さま、ぜひご視聴くださいませ。

 

詳細は、こちらのリンクからご確認ください。 ⇒「とっとりジビエ」座談会@ONLINE

 

※とっとりジビエ公式インスタグラムアカウントからも「とっとりジビエ」情報を発信しています。

とっとりジビエ(公式)Instagramアカウント

 

 

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000