平成30年9月9日、岐阜県の養豚農場において、日本では平成4年以来26年ぶりとなる豚熱(CSF)の発生が確認されました。その後、岐阜県、愛知県、長野県、三重県、福井県、埼玉県、山梨県、沖縄県、群馬県、山形県、和歌山県(11県)での発生が確認されています(令和2年12月26日時点)。
 また、平成30年9月13日以降、岐阜県、愛知県、三重県、福井県、長野県、富山県、石川県、滋賀県、埼玉県、群馬県、静岡県、山梨県、新潟県、京都府、神奈川県、茨城県、東京都、福島県、奈良県、大阪府、和歌山県、栃木県(22都府県)において野生いのししからCSFの陽性事例が確認されています(令和2年11月25日時点)。なお、その他の都道府県においても、死亡した野生いのししの検査を実施していますが、陽性事例は確認されていません。

 

・全国の豚熱(CSF)については農林水産省ホームページを御覧ください。

 → 農林水産省ホームページ(CSFについて)

【豚の飼養者のみなさまへ】

 野生動物の侵入防止、異常家畜の早期通報など飼養衛生管理基準の遵守・自己点検をお願いします。

 

連絡・通報先
 鳥取家畜保健衛生所 0857‐53‐2240(夜間・休日は転送されます)
 倉吉家畜保健衛生所 0858-26-3341(夜間・休日は転送されます)
 西部家畜保健衛生所   0859‐62‐0140(夜間・休日は転送されます)

 

【一般のみなさまへ】

 野生のイノシシは本病に感染し、豚への感染源となる恐れがあります。本病に感染した可能性のある異常死亡したイノシシを発見された場合は、下記連絡先まで連絡をお願いします。また、以下の死亡野生イノシシについてはCSF検査の対象外とすることとしますので、連絡は不要です。

  検査の対象外とする野生イノシシ
  ・車両が通る道路上及びその付近で死んでいるもの(交通事故が死因であるため)
  ・出血を認めるもの(口、鼻などからの出血)
  ・外傷を認めるもの
  ・腐敗の進んでいるもの  
  ・崖の下など採材をするのに困難な場所にある場合
   連絡先
   平日(8時30分から17時15分まで):0857-26-7286
   平日夜間・土日祝日:090-8061-9109

 

その他の豚熱に係る野生いのししに関する相談窓口
  緑豊かな自然課 0857-26-7979 (夜間・休日は守衛に転送)
  中部総合事務所生活環境局 0858-23-3149 (夜間・休日は守衛に転送)
  西部総合事務所生活環境局 0859-31-9320 (夜間休日0859-34-6211)

 

 

 

 

豚熱に係る鳥取県の対応

○令和3年1月26日に和歌山県かつらぎ町の養豚場(飼養規模290頭)で発生した豚熱について、町内連絡会議を開催しました。
 開催日時:令和3年1月27日(水)
 開催方法:持ち回り開催 
 会議概要:会議資料(pdf:500KB) ※P11「年末年始の対応」は削除。年末年始以外も24時間対応しています。

○令和2年12月30日に三重県伊賀市の養豚場(飼養規模6,600頭)で発生した豚熱について、庁内連絡会議を開催しました。
 開催日時:令和2年12月30日(水)
 開催方法:持ち回り開催
 会議概要:会議資料 (pdf:168KB)

○令和2年12月25日に山形県鶴岡市の養豚場(飼養規模1,327頭)で発生した豚熱について、庁内連絡会議を開催しました。
 開催日時:令和2年12月26日(土)午後1時30分から
 場所:鳥取県庁災害対策室
 会議概要:会議資料 (pdf:164KB)
Todo: Add Content...
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000