メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

鳥取県の星空環境

鳥取県は大都市域に比べて大気環境が清浄で、また人工の光が少なく夜空が暗いことから、すっきりと晴れた日の夜には、きれいな星空を見ることができます。

県内すべての市町村で天の川を眺めることができ、恵まれた星空環境にあります。

みるくの里

星空保全条例

鳥取県の美しい星空が見える環境を、県民の貴重な財産として保全し、次世代に引き継いでいくため「鳥取県星空保全条例」を制定しています。

星空保全地域

優れた星空環境を有する区域のうち、自然的社会的諸条件からみてその区域における星空環境を保全することが特に必要なものを、星空保全地域として指定しています。星空保全地域内における星空を活用した地域振興事業等を支援しています。

鳥取市佐治町、日南町、若桜町、倉吉市関金町、日野町を指定しています(令和2年7月現在)。

天体望遠鏡等の貸し出し

天体望遠鏡等を無料で貸し出しています。ぜひご利用ください。

星取県☆若者ネットワーク

サークルや研究会などで、星空や宇宙の魅力を日々楽しみ探求されている若者の皆さん。その輪をさらに広げて、一緒に「星取県」を楽しみ盛り上げていきませんか?そんな「若者がつくる星取県ネットワーク」への参加グループを募集しています。補助制度もあります。

美しい星空を楽しもう!星空観察会の情報

星取県内で開催される星空観察会の情報をご覧いただけます。

星取県の取り組みなど

星取県「今日の星空指数」

・「星取県ライトダウンキャンペーン
「CATCH the STAR 星取県」鳥取県は星取県になりました(観光戦略課ホームページ)

世界的な彗星ハンター「本田実」氏の紹介

 

夏休み、星空観察をしよう!

 晴れた日の夜は、3蜜避けて、星取県の星空を観察しませんか?(天体望遠鏡もお貸しします!)

  砂丘と星空

今月の星空

9月の星空(外部リンク/鳥取市さじアストロパークホームページ)

  • 9月になると日没が早くなり、一気に秋の気配が感じられます。夜は肌寒くなることがありますので、服装に気を付けながら星空を楽しみましょう。
  • 季節は秋になりましたが、星空は夏の星たちがよく見えています。頭の真上あたりに「夏の大三角」。3つの星の中で一番明るい星が「おりひめ星」、南側の星が「ひこ星」です。月明かりがない夜は「天の川」もよく見えます。北東から天頂を通って南西につながる様子を見てみましょう。東の空には「秋の四辺形」が昇ってきました。 1等星は ありませんが、正方形に近い姿を結んでみましょう。
  • 夕方西空の低空にひときわ明るく見えるのが「金星」。宵の明星と呼ばれる通り、どの星よりも明るく輝いています。南の空には「木星」と「土星」が並んでいます。

星取県で楽しめる星空スポットマップ(アプリ版、リーフレット版)

  • 県民の皆様おすすめの星空スポットを手軽に調べられるスマートフォン用の星空マップアプリです。

星空MAPアプリのダウンロード&使い方説明(星取県特設サイト。※外部リンク)

  • 鳥取県内の星空愛好者の方々や県民の皆様にお寄せいただいたおすすめ星空スポットとコメント(口コミ情報)をもとに作成した、星取県で楽しめる星空スポットマップです。A3サイズで印刷してご利用ください。

星空スポットマップ〔おもて面〕(pdf 925KB)

星空スポットマップ〔裏面〕(pdf 1145KB)

星座早見盤をつくってみよう

星座早見盤各種型紙 ※協力:株式会社アストロアーツ

いつどんな星や星座が見えるのか、星座早見盤があると便利です。

上記リンク先のホームページからダウンロードしてご自宅のプリンターなどで印刷・作成できます。

星座盤の使い方

  

【終了しました】【鳥取県民限定・先着順】世界初!「小惑星リュウグウの石」観察申込者募集

(7月5日)この催しは終了しました。たくさんの方からのお申込みありがとうございました。 

 


 

令和3年6月22日(火)午前9時以降、専用サイトから申し込みできます(定員になり次第締め切り)

惑星探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウから持ち帰った石の解析が、現在、岡山大学惑星物質研究所(三朝町)で進められています。
この度、同研究所の協力を得て、一般向けとしては世界初となるリュウグウの石の観察体験を行うこととし、参加希望者を下記のとおり募集します。

1 観察日時

令和3年7月3日(土)午前10時から12時まで、午後1時から6時まで

令和3年7月4日(日)午前10時から12時まで

2 観察会場

とりぎん文化会館展示室(鳥取市尚徳町101-5)

3 観察方法

岡山大学惑星物質研究所にある石の映像を会場のパソコン画面にリアルタイムで配信し、映像の角度を変えてみるなど、体験者自らリモート操作を行う。(1組当たり15分間)

4 募集

(1)募集数  個人または家族等単位で計36組(先着順)。要事前申込
(2)応募要件 鳥取県内にお住まいの方であること
(3)申込方法 下記専用サイトから希望日時や氏名、住所、電話番号、メールアドレス等を入力
        https://s-s-world.jp (スペース・サイエンス・ワールド星取県ホームページ)(外部サイト)
(4)申込開始 令和3年6月22日(火)午前9時から
(5)申込期限 令和3年7月1日(木)※定員に達し次第締め切り

(6)備考      新型コロナウィルス感染拡大防止のため、事前申込者以外の参加はできません。

5 その他

令和3年7月4日午後1時30分から、はやぶさ2プロジェクトマネージャー・津田雄一氏等によるオンライン講演「スペース・サイエンス・ワールド星取県」を実施します。リュウグウの石の解析に精力的に携わっている岡山大学自然生命科学支援センター特任教授・中村栄三氏も出演し、最新の研究経過等を披露される予定です。

  

【録画配信中】【7月4日ライブ配信】「はやぶさ2」津田さん出演!スペース・サイエンス・ワールド星取県を開催!

(7月16日)ライブ配信は終了しました。なお、当日の動画を8月31日まで配信中です。以下アドレスからYouTubeでご視聴ください。

とりeco【県公式】

https://www.youtube.com/channel/UCIV0O-kb6NAYQjwo5DtFBcA/featured(外部サイト)


新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、1月に開催を中止した「スペース・サイエンス・ワールド星取県」について、令和3年7月4日(日)に基調講演・パネルディスカッションを無観客で開催し、オンライン配信することが決定しました!!

 惑星探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウ近傍のミッションを完遂し、令和2年12月6日未明、地球へのサンプルリターンに成功。見事「星」を「取」って帰りました。
 「星取県」を称する鳥取県で、はやぶさ2プロジェクトマネジャー・津田雄一氏をはじめとした宇宙科学の第一人者による講演等を開催します。講演等はライブ配信を行います。

 <ライブ配信の視聴方法>

  youtubeで配信します。事前申し込みは不要です。どなたでもご覧いただけます。

 (詳細はこちらをクリックしてください)スペース・サイエンス・ワールド星取県(専用ホームページ)

  
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000