埋蔵文化財センターのホームページ

調査研究(古代山陰道)

専門家による古代山陰道の現地指導について

 今年度2回開催した発掘調査委員会はいずれもWeb会議での開催となりましたが、新型コロナウィルスの感染状況を見ながら、ようやく9月から10月にかけて委員の先生方や文化庁の調査官に現地で、道路遺構について指導や評価をいただきました。

 委員の先生方からは、「両遺跡の道路遺構もつくり方が共通しており、今までの調査成果も合わせると、古代山陰道とみてよい。」「養郷狐谷遺跡の道路遺構や現地形に残る切通しなどの道路痕跡は、丘陵尾根を走る古代官道の景観を良く残している。」「養郷宮ノ脇遺跡のつづら折りの道路遺構は、今後他の地域でも参考とされる重要な成果である。」などの評価をいただきました。また、追加で調査すべき箇所についてもご意見いただきました。

 指導いただいた結果をもとに、現在、追加調査を行っており、1114日(土)に開催する講演会「青谷の古代山陰道が語るもの」などでその成果についてもご報告します。

 また、講演会では、発掘調査委員の一人である大阪大学大学院市大樹教授に「日本古代の交通と地方社会」と題し特別講演をお願いしております。

 まだ申込みでない方は、ぜひ、お申込み下さい。

 ⇒古代山陰道特別講演会チラシ特別講演 青谷の古代山陰道が語るもの1114日開催)

調査指導風景1

調査指導風景2


11月14日(土)特別講演 青谷の古代山陰道が語るもの

 11月14日(土)午後1時30分から日置谷体育館で、特別講演会「青谷の古代山陰道が語るもの」を開催します。

 申し込み方法等の詳細はチラシをご覧ください。

 チラシのPDF⇒特別講演 青谷の古代山陰道が語るもの


「FM鳥取レディオバード」に電話出演しました!

  FMとっとりから依頼いただき、10月9日(金)午後1時15分から「FMとっとりレディオバード」に電話出演しました。番組内では、パーソナリティーの山下弥生さんとロジャーさんと「古代山陰道は幅9mもあるのですか。」「山の中を歩いて古代山陰道を見つけるなんて宝探しみたいで、ロマンがありますね。」などと楽しくおしゃべりしながら、現在行っている古代山陰道の発掘調査や10月17日(土)に開催する第2回古代山陰道現地説明会についてPRしました。
 11日(日)12時30分頃から再放送されますので、お聞き逃しの方は、ぜひ、お聞きください。

 第2回古代山陰道現地説明会もまだまだ受け付けておりますので、奮ってお申し込みください。

FMとっとりレディオバード82.5fm⇒http://www.radiobird.net/

全国初!!つづら折りなどの古代山陰道をYouTubeにupしました。

YouTubeはこちらから

  ↓

養郷宮之脇遺跡
養郷狐谷遺跡


第2回古代山陰道発掘調査現地説明会を開催します!

大好評につき古代山陰道発掘調査現地説明会の第2弾です。1回目と同じ内容ですが、今回は、県内外を問わずご参加いただけます。1回目に参加できなかった方もぜひお見逃しなく!申し込み方法等の詳細はチラシをご覧ください。