とっとり弥生の王国

とっとり弥生の王国推進課

“とっとり弥生の王国”とは?

我が国最大級の弥生時代集落「妻木晩田遺跡」。
多種多様な出土品から「地下の弥生博物館」とも呼ばれる「青谷上寺地遺跡」。
我が国の弥生時代を代表するこれら二つの遺跡の他、多くの弥生時代の遺跡や出土品が知られている鳥取県は、まさに「弥生の王国」です。

とっとり弥生の王国推進課では、これら鳥取県の優れた弥生文化を広く知っていただくため、
全国的に注目を集める最新の調査研究成果を発信するとともに、遺跡を楽しみ、学んでいただく様々な取り組みを行っています。

  
         バナー ←こちらからどうぞ

妻木晩田遺跡情報

むきばんだ史跡公園バナー←妻木晩田遺跡の情報はこちらから
  

青谷上寺地遺跡ニュース

2020年05月26日
PDF版『青谷上寺地遺跡発掘調査研究年報2018』を公開します

 青谷上寺地遺跡に関する調査研究等の成果を報告する『青谷上寺地遺跡発掘調査研究年報』をPDFファイルで公開します。当刊行物を通じて、青谷上寺地遺跡の最新の研究成果に触れていただければと思います。
(なお、無断での転用、転載を禁じます。引用の際は出典を明記ください。)
 『青谷上寺地遺跡発掘調査研究年報2018』の内容は以下の通りです。
1 特別講演『近畿型銅戈と青谷上寺地遺跡』の記録
(吉田広)
2 青谷上寺地遺跡出土イネの粒形質・DNA分析
(上條信彦・田中克典・小泉翔太・濵田竜彦)
3 トークセッション『海の村ー青谷上寺地遺跡 山の村ー妻木晩田遺跡』
パート2「海の村と山の村・始まりの物語」の記録
(北浦弘人・濵田竜彦・高尾浩司)
4 第8次発掘調査出土イヌについてー保存処理と資料化を通してー
(門脇隆志)
※内容(PDFファイル)は刊行物ページをご覧ください。 

 

最後に本ページの担当課    鳥取県 地域づくり推進部 文化財局 とっとり弥生の王国推進課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-79340857-26-7934    
   ファクシミリ  0857-26-8128
    E-mail  tottori-yayoi@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000