当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
メンテナンスのため、10月4日(日) 8時45分~14時10分(予定)の間、閲覧できない状態が数回発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。
鳥取療育園のホームページ

園長よりひとこと

園長あいさつ

稲垣真澄園長鳥取療育園のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 鳥取療育園は鳥取県東部地域を中心として、発達に心配のある子どもさんや障がいのある子どもさんの相談や支援を行っている県立機関です。昭和50年に開設されましたので、45年の歴史を持つ組織です。

 日本全国少子高齢化の時代に突入していますが、子どもさんの発達についてのご相談は減るどころか増加の一方であり、ご家族から寄せられる内容も様々なものになっています。たとえば明らかな遅れとは言えないものの、育児についてのちょっとした気がかり・疑問など、であります。わたしたちはプロフェッショナル集団として、次代を担う大切な子どもさん一人ひとりを丁寧に見守ること、そしてその育ちを応援するために全力を尽くすつもりです。

 わたしは令和二年四月に赴任したばかりですが、鳥取療育園のミッション「肢体不自由児及び発達に遅れのある児童に対して、日常生活動作の訓練、指導、相談等必要な療育サービスを提供することによって、それぞれの児童の適性に応じた育ちを支援する」を忠実に実行して参ります。また、ご家族を含めてお子さん一人ひとりに対して適したサービスが行われているか、職員全体で絶えず検証していくつもりです。

 近年の発達支援については、障がいそのものの改善を目指すという「医学モデル」の支援に加えて、地域や家庭での育ちや暮らしを支援し環境との適応を目指す「生活モデル」の考え方が強く求められています。地域で自分らしく豊かに暮らすためにどのような支援が必要なのかを考えることがとても重要です。

 また、支援とは特別な場所に出向いて特別なことをするものだけではありません。日常生活場面での行うこと、できること、したいこと、して欲しいことを普段から注目してご家族や子どもさんのニーズを追及していきます。支援時期についても、診断確定後の支援スタートでは遅いと考えます。予防的なアプローチ、つまりちょっと気になる段階からできること・取り組めること・悪くしないことを大事にしたいと考えます。

 上記のミッション達成のため、鳥取療育園では全職員が(1)マルチタスクな専門性を高めること、(2)地域生活移行支援の視点を深めること、(3)ニーズに応じたアウトリーチ活動を広めることの三点(高める、深める、広める)をお約束します。

 県民の皆様におかれましては、わたしどもが提供するサービスに対して忌憚のないご意見をお寄せ下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。いただいたメッセージを大切にして、体制整備や充実に努めて参りたいと存じます。

 未来ある子どもたちの姿を皆で作り、育み、そして守るために取り組んでいきましょう。

             鳥取県立鳥取療育園 きらり☆アイランド 園長 稲垣 真澄  

  

最後に本ページの担当課    鳥取県立鳥取療育園
    住所 〒680-0901
             鳥取県鳥取市江津730
    電話  0857-29-88890857-29-8889    
    ファクシミリ  0857-29-9300
    E-mail  ryoikuen@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000