当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取県からのお知らせ

鳥取県では、日本海新聞と山陰中央新報の第2、第4木曜日に「鳥取県からのお知らせ」として、鳥取県からのお知らせや県内のイベント・行事等をまとめてお伝えしています。

このコーナーでは、お知らせした項目と関連情報が掲載されているホームページのリンク先をご紹介しています。

  
アコーディオン全表示切替

2020年4月9日掲載 New!

2020年3月26日掲載

【案内】 新型コロナウイルス感染症にかかったと思ったら

●適切な医療機関を紹介しますので、発熱・帰国者・接触者相談センターへご相談ください。

●地域の医療機関を守るために、取り急ぎかかりつけ医を受診する場合でも、必ず、事前に電話連絡してから受診してください。

突然、医療機関を受診され、医師や看護師、他の来院者も感染した場合、医療機関の閉鎖につながり日頃の治療が受けられなくなるおそれがあります。
<発熱・帰国者・接触者相談センター(各保健所)>(24時間対応)

地区  電話 ファクシミリでもお受けします。(平日午前8時30分~午後5時15分) 

東部地区

(鳥取市保健所内)

0857-22-5625
(平日午前8時30分~午後5時15分) 
 0857-22-5669
0857-22-8111
(上記の時間以外) 
中部地区(倉吉保健所内)  0858-23-3135・3136   0858-23-4803
西部地区(米子保健所内)  0859-31-0029・9317   0859-34-1392

【問合せ先】県庁健康政策課(感染症・新型インフルエンザ対策室)

 ☎ 0857-26-7153 F 0857-26-8143

関連ページ

【案内】 新型コロナウイルス感染症に係る小学校休業等対応補助金 (個人事業主対象)

子どもの世話をするために休業を余儀なくされた県内個人事業主で、国の支援金の対象とならない次のかたについて、県が独自に支援します。

■対象者
 県内を主たる拠点とする個人事業主
■条件
・令和2年2月27日から3月31日の小学校等の臨時休業により休業せざるを得ない保護者等
・国の小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をするかた向け)の支給対象ではないこと
・個人で行っている事業(風俗営業法の対象となる事業を除く)の収入が総収入の2分の1を超えており、青色申告を行っていること
■補助金額
 日額4,100円/人 × 補助対象日
■補助対象日  2月27日から3月31日のうち小学校等の臨時休業による子どもの世話をするために個人事業の仕事を取りやめた日
■提出書類
・子どもの世話により休業した日にちの記載(申請者の自己申告による)(所定様式)
・国の支援金(国フリーランス支援(日額4,100円)等)を受給していない旨の記載(所定様式)
・確定申告書の写し(事業所得があることを確認できる書類)
・住民票の写し(申請者と子どもとの関係を確認できる書類)
・小学校等の臨時休業措置の日にちが確認できる書類
■申請受付期間
 3月24日(火) ~ 6月30日(火) 

※詳しい手続きはウェブページをご覧ください。
 
【問合せ先】県庁とっとり働き方改革支援センター
フリーダイヤル 0120-833-877 ☎ 0857-26-7662 F 0857-26-8117

関連ページ

関連チラシ 「新型コロナウイルスが心配な時は」
 

2020年3月12日掲載

2020年2月26日掲載

2020年2月13日掲載

2020年1月23日掲載

2020年1月9日掲載

2019年12月26日掲載

2019年12月12日掲載

  
  

最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 広報課
    住所  〒680-8570
                 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-70200857-26-7020
         ファクシミリ  0857-26-8122
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp