当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
 メンテナンスのため、8月18日(火) 午前3時~午前4時30分の間、閲覧できない状態が数回発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

まいぶん講座行いました。

 第1回まいぶん講座を行いました!

 当センターでは、調査研究の成果や、地域の歴史を解説する、「鳥取まいぶん講座」を開催しており、6月20日(土)に、今年度1回目「古代の因幡~山陰道がつなぐ古代社会~」を行いました。

 新型コロナウィルス感染拡大防止のため延期していましたが、ひと月遅れでようやくの開催となりました。三密をできるだけ避けるため、間隔を空けて椅子のみの席としたほか、大型モニターで講座の様子を別室で中継する、換気を行うなどの工夫をとり、合計33名の方に御参加いただきました。

 講座では、当センター坂本文化財主事が、近年の古代山陰道の発掘調査成果を解説するとともに、発掘調査された古代の役所や駅、文字資料などを紹介し、山陰道の整備とそれに伴い進展した地域開発などについて解説しました。講座終了後は、現在開催中の企画展「古代の因幡」の展示解説も行いました。皆さん熱心に聴講されており、「身近な所の歴史はすごいな」といった声もありました。

 次回は、7月18日(土)、「あなたの知らない漆の世界」です。

  

○令和元年度

開催日時 ホームページリンク 資料 

4月20日(土)

第1回「湖山池南岸の遺跡と歴史I」

第1回資料 

5月18日(土)

第2回まいぶん講座「湖山池南岸の遺跡と歴史II」

 第2回資料
6月15日(土)
第3回まいぶん講座「西因幡の遺跡と歴史
 第3回資料
7月20日(土)

第4回まいぶん講座「乙亥正屋敷廻遺跡の発掘調査から」

第4回資料

8月17日(土)

8月18日(日)

第5回まいぶん講座 8月17日「見えないものが見える」_、18日「発掘調査の科学技術」

 8月17日 資料
 9月21日(土)  第6回まいぶん講座『岡山県南山城跡の発掘調査から』  工事中
 10月19日(土) 第7回まいぶん講座『島根県普源田砦跡の発掘調査から』  第7回資料
 11月16日(土) 第8回まいぶん講座『東伯耆の中世城館-天正8・9年を中心に-』  工事中
12月21日(土) 第9回 まいぶん講座「因幡の中世城館-因伯境目の気多郡を中心に-」  第9回資料.pdf

 

 

  

○平成30年度

 

開催日時 ホームページリンク 資 料

7月14日(土)

 縄文人はどのように水場を利用していたか  資料
8月18日(土)  海を越えて、山を越えて~古代鳥取の交流史~   資料
9月15日(土)  弥生時代はこうして始まった  -
10月20日(土)   なぜ因幡に山陰最古の前方後円墳が造られたのか 資料
11月10日(土)   古代人の残した文字資料が語るもの  資料
12月15日(土)   古代人の祈り~木製祭祀具が語るもの~ 資料 
  

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み

イベント・講座等お申込みフォーム

「週替わり! まいぶん古代体験の夏」を含む8月のイベント・講座は全て中止となりました。詳細は新着情報をご覧ください。


センター紹介

県の中心部は、室町時代の後期は湖山池ほとりの天神山に守護所が置かれ、江戸時代の前からは久松山(麓)に城が置かれるようになり、明治時代から現在まで県庁が置かれています。県庁から4キロほど離れた国府町に奈良時代の国史跡の因幡国庁跡があります。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里に埋蔵文化財センターはあります。

埋文センターの事業


埋文センターについて


目的から探す


関係先へのリンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000