当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
消防学校のホームページ

消防学校の概要

 県下の消防職員及び消防団員に対し、複雑多様化する災害に即応できる専門的、かつ高度な消防防災に関する教育訓練を行うほか、広く県民に対し防災思想の普及を図るために、昭和58年4月27日に開校しました。
                                    
  

鳥取県消防学校非常勤職員(講師)の募集 New!

 1 勤務場所
  鳥取県消防学校(米子市流通町1350)

2 募集する職
  非常勤職員(講師)

3 採用予定者数
  1名

4 主な職務内容
  消防技術等の訓練指導

5 任用期間
  令和元年12月1日~令和2年3月31日(火)(予定)

6 受験資格
(1)年齢、性別を問いません。
(2)地方公務員法第16条に該当する人(次のいずれかに該当する人)は受験できません。
・成年被後見人、被保佐人(準禁治産者を含む。)
・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
・鳥取県職員として懲戒免職処分を受け、その処分の日から2年を経過しない人
・日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人
(3)日本国籍を有しない人については、活動に制限のない在留の資格を取得している人又は令和元年11月30日までにこの資格を取得する見込みの人に限り受験できます。

7 募集条件
(1)消防職員の実科訓練全般の実技指導及び安全管理ができること。
(2)消防職員経験者であること。
(3)普通(中型)自動車運転免許証を有していること。

8 受付期間
  令和元年10月31日(木)まで

※詳細は募集案内をご覧ください。

採用試験募集案内(令和元年)

申込書

令和元年度消防団員専科教育機関科54期開催

 令和元年10月12日(土)消防団員専科教育機関科54期を実施した。災害現場における機関員の重要性を理解するとともに機関員としての基礎的、応用的な技術訓練を行った。また、消防団員が近年多発する自然災害に対し地域防災の大きな力になることを考えるいい機会となった。

 

 

平成31年度鳥取・島根県消防学校合同訓練

 令和元年10月4日(金)鳥取県・島根県消防学校合同訓練を実施した。

両校初任学生による訓練披露、また消防活動において必要な気力、体力、精神力を互いに研鑽し、両県の交流と親睦を図った。

 

 

 


令和元年度消防職員特別教育指揮研修(第8回)開催

 令和元年9月24日(火)から27日(金)消防職員特別教育指揮研修(第8回)を実施した。情報の収集、部隊管理、安全管理、危機管理、無線運用などを含め机上訓練及び実働訓練を行った。

 

 

 

消防団員専科教育警防科第48期開催

 令和元年9月14日(土)消防団員専科教育警防科(第48期)を実施した。安全管理に関することの座学に始まり、揚水訓練やホース延長訓練などの基礎訓練や目的のある放水を意識するなどの応用訓練を行った。想定訓練では指揮命令系統を意識した隊活動訓練を行い充実した訓練となった。

 

 

 


一日入校(鳥取県消防団員等防災研修会)開催

 令和元年8月25日(日)、豊橋市消防団 団長 松下直弘氏を招聘し「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」に基づき、消防団の活性化及び県内防災関係者等の防災力充実強化並びに自己啓発を図ることを目的として消防団員、その他防災関係者149名で研修会を実施した。

 

 

鳥取県消防学校オープンキャンパス開校

 令和元年8月20日(火)鳥取県消防学校オープンキャンパスを開校し、今後消防職員を目指している参加者が来校した。現在入校中の初任総合教育第4期生の企画による各種訓練展示、また学生と参加者の意見交換会等を実施した。

 

 

 

【開催延期のお知らせ】令和元年度オープンキャンパス開催について

 標記の件につき、以下のようにお知らせいたします。

台風10号の接近に伴い、参加者の安全確保が困難となるため、令和元年8月15日(木)に開催予定の鳥取県消防学校オープンキャンパスの開催を延期といたします。開催期日は下記のとおりです。急な変更となりましたが、安全確保を優先させていただくことをご了承ください。

開催日:令和元年8月20日(火)

開始時刻:午後1時30分から4時まで

開催場所:鳥取県消防学校

※変更は日程のみで実施内容や受付場所および問い合わせ先に変更はありません。

消防職員特別教育ホットトレーニング2日間コース(第23回)

 令和元年5月30日(木)~31日(金)消防職員特別教育ホットトレーニング2日間コースを実施した。火災性状を体験的に学び、フラッシュオーバー発生の兆候を認識することができた。今回は2日間コースでの開催で、今まで以上に充実した実火災体験型訓練が実施できた。

  

  

  

消防職員初任総合教育第4期ポンプ車操法訓練実施

 令和元年5月23日(木)から5月29日(水)ポンプ車操法を実施した。安全・確実・迅速な消防活動を目的とした指揮命令・伝達・役割分担を理解すること。さらに各班リーダーを中心に主体的訓練によりチームワークの形成を図った。

 

 

          

県民防災教育

~消防学校で防災行動力を身につけよう!~

 大震災発生による震災時には、同時に多くの火災や救助、救急事象が発生し、道路の寸断や建物なとの倒壊、断水や停電により防災関係機関の活動が制限されることが予想されます。その為、地域でさまざまな分野の住民や事業所など、県民一人ひとりが防災行動力を身につけ「自分たちの町は自分たちで守る」という意識を持って災害に立ち向かうことが必要になります。
 このような場合に備え、消防学校では県民一人ひとりの防災力行動力向上を目標に、平成19年度より県民防災教育を強化します。
 一日体験入校として受付ます。また、現地に出向いて地元消防団員とともに講習等を行う消防学校出前講座も併せて受付けますのでどしどし御連絡ください。 詳しくはこちら

問い合わせ先

鳥取県消防学校
住所〒689-3547鳥取県米子市流通町1350
電話0859-27-0353
ファクシミリ0859-27-5972
E-mail:shobogakko@pref.tottori.lg.jp
  

最後に本ページの担当課    鳥取県消防学校
   住所 〒689-3547
            鳥取県米子市流通町1350
   電話  0859-27-03530859-27-0353    
   ファクシミリ  0859-27-5972
   E-mail  shobogakko@pref.tottori.lg.jp