当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.














鳥取県で平成20年11月に放映したテレビCMです。


ワーク・ライフ・バランスとは

仕事、家庭生活、地域生活、個人の自己啓発など、さまざまな活動について、自ら希望するバランスで展開できる状態のことです。これにより一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいて、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて、様々な生き方が選択・実現できる社会となります。この取組を進めるため、平成19年12月、内閣府において「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」、「仕事と生活の調和のための行動指針」が策定され、平成22年6月、改定されました。
詳しくは、内閣府仕事と生活の調和推進室ホームページをご覧ください。

ワーク・ライフ・バランス企業調査報告書

鳥取県の実情に応じたワーク・ライフ・バランスを推進するために、県内民営事業所におけるワーク・ライフ・バランスの取り組みについて調査を実施しました。
ワーク・ライフ・バランス企業調査報告書

企業向け啓発リーフレット

企業におけるワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の取組を推進するため、ワーク・ライフ・バランスとは何か、企業が取り組むメリット、取組の進め方、取組企業の事例紹介などを掲載した情報リーフレットを作成しました。
企業向け啓発リーフレット(PDF:3.5MB)

わたしの・わが家のワーク・ライフ・バランス実践例

個人や家庭で取り組んでいる仕事と家庭生活を両立するための実践例やアイディアを募集しました。応募いただいた実践例やアイディアをご紹介します。

わたしの・わが家のワーク・ライフ・バランス実践例(PDF:355KB)
  

「とっとり仕事と生活の調和推進会議」

鳥取県において仕事と生活の調和を推進していくための「提言」及び「目標」について、労使をはじめ県や市、学識経験者等で議論する「とっとり仕事と生活の調和推進会議」を鳥取労働局が事務局となって開催しました。

「とっとり仕事と生活の調和推進会議」では、地域に根ざしたワーク・ライフ・バランス推進のあり方について、最終報告を取りまとめました。
PRリーフレット(PDF:242KB)

詳しくは鳥取労働局ホームページをご覧ください。

ロゴマーク

援助・助成等窓口

鳥取労働局・鳥取県が実施している各種制度の紹介リーフレット
リーフレット(PDF:916KB)
  

【公募型プロポーザル調達広告】活躍の場を広げるワーク・ライフ・バランス推進キャンペーン(仮称)事業

 「活躍の場をひろげるワーク・ライフ・バランス推進キャンペーン(仮称)事業」に係る受託者を以下のとおり募集します。詳細については実施要領をご覧ください。
  

業務概要

(1)業務名

 活躍の場を広げるワーク・ライフ・バランス推進キャンペーン(仮称)事業

(2)委託上限額

 4,000千円(消費税及び地方消費税の額を含む)

  (鳥取県 2,000千円、島根県2,000千円)

(3)契約期間

 契約の日から令和2年2月28日(金)まで

(4)業務の目的

 鳥取県及び島根県が連携して、共通のロゴ、キャッチコピー等を用いて、ワーク・ライフ・バランスの実践につながる「家事シェア」や「男性の家事育児参画」を当たり前のこととして捉え、肯定することが伝わるよう広報することで、ともに支え合い、男女とも多様な分野で能力を発揮できるよう、男性の家庭での活躍を促進するとともに、働く場における女性の働きやすさ・活動機会の増大を図ることを目的とする。

(5)業務の詳細な内容

 以下の添付ファイルをご参照ください。

  

質問への回答

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 女性活躍推進課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-70750857-26-7075    
    ファクシミリ  0857-26-8196
    E-mail  jyosei-katsuyaku@pref.tottori.lg.jp