日野郡の必見情報

このページでは、日野振興センターの職員が日野郡内のイベントや旬な情報、実際体験したこと、お得な必見情報などを皆さんへお届けしています!

皆さんからの情報もお待ちしています!

【日野ごよみ】でメールしてください。

hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp

2018年10月25日

大山ワンダーフォーラムが開催され、多くの人で賑わいました。

大山開山1300年祭クライマックスイベント「大山ワンダーフォーラム」が、平成30年10月20日(土)、21日(日)に米子市内で開催され、2日間で約8万人の方で各イベント会場は賑わいました。

米子市公会堂のイベントには、日野郡からも「伯耆国たたら顕彰会」、「鍛治工房 宮光」、「日野軍★みらい創生デザイン会議」などが参加しました。


「日野軍★みらい創生デザイン会議」による「秋の陣」の出陣式。
「日野郡に多くの方に来ていただけるよう、頑張りましょう!エイエイオー!!」


公会堂大ホール内の「日本の鉄文化・たたらの歴史フォーラム」では、 午前中は「全国たたらサミット」、午後からは「大山山麓の歴史・刀剣シンポジウム」が開催され、多くの観客が詰めかけました。


オープニングアトラクションでは、日南神楽神光社による「神能八重垣(しんのうやえがき)」の舞より「大蛇退治(おろちたいじ)」の場面が上演され、観客の皆さんは伝統の舞を堪能しました。


 
須佐之男の命(すさのうのみこと)の舞。


酔い潰れた八岐大蛇を退治しようと忍び寄る須佐之男の命。



戦いの末、見事八岐大蛇を退治。

引き続いて「全国たたらサミット」が開催され、鳥取県の代表として「伯耆国たたら顕彰会」はじめ、岩手県の「いわてたたら研究会」など県外の5団体を含む全国6つの団体が各地域事例発表を行いました。




「伯耆国たたら顕彰会」佐々木幸人(ささき ゆきと)副会長の発表を熱心に聞く来場者の方々。


午後のシンポジウムでは、「伯耆国 日本刀はここから始まった!」と題し、俳優の高橋英樹と作家の井沢元彦氏の対談が行われました。

対談の中では、高橋氏が自前の模造刀で時代劇のポーズやせりふを披露するなど、高橋氏を一目見ようと集まった聴衆を沸かせました。



「この地で作られた質の高い鋼から、数々の名刀が生み出されました。」


 
時代劇の殺陣を披露する高橋英樹氏。


刀剣について熱く語る高橋氏と井沢氏。




公会堂前の広場では、伯耆国たたら顕彰会による「ミニたたら操業」が行われ、大勢のたたらファンで賑わい、砂鉄投入体験には行列ができるほどの盛況ぶりでした。


炎の温度は約1,300℃です。



村下(むらげ)による「ケラ出し」と呼ばれる作業。


「鍛治工房 宮光」のブースでは、ペーパーナイフづくり体験が行われ、たくさんの方が訪れました。


 
「鍛治工房 宮光」のブース。                             鎚音が高らかに響いていました。

  
刀剣ファンの幼い兄弟。子供も大人も、夢中で熱い鉄を打っていました。
「今日はペーパーナイフを作るために、楽しみにして来ました。」 



ホワイエでは日野郡3町がブースを設け、来場者へ日野郡の魅力を発信しました。

 
 
伝統のたたらで、今後もますます日野を盛り上げていきたいですね。








日野振興センター 2018/10/25 in ☆イベント・観光情報

問い合わせ先

西部総合事務所 日野振興センター日野振興局
〒689-4503鳥取県日野郡日野町根雨140-1
(電話)0859(72)2086
(ファクシミリ)0859(72)2072
(電子メール)hino-shinkou@pref.tottori.jp
  

 このサイトに関するお問合せは   

西部総合事務所日野振興センター日野振興局
〒689-4503  鳥取県日野郡日野町根雨140-1
TEL : 0859(72)2083   FAX : 0859(72)2072   
Eメール : hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp

夜間・休日のお問合せは          

0859-72-0321(代表)