当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

【7月18日から開催】こんにちは変形菌!とってもふしぎな生きものです。

タイトル
植物でも動物でもキノコでもない、ふしぎな生きもの「変形菌」について、その美しさや生態、ほかの生きものとのかかわり、理工系の最新技術との接点などを取り上げ、変形菌の魅力について紹介します。

会期

2020年7月18日(土)~8月30日(日) ※休館日:なし
午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前)

開館延長日: 会期中の土曜日は午後7時まで開館延長

会場

ツヤエリホコリ鳥取県立博物館 2階 第1・第2特別展示室

 

※第3特別展示室では本展とコラボレーションした美術部門夏休み企画「美術をめぐる場をつくる2」を同時開催

主催

■主催:変形菌展実行委員会 (鳥取県立博物館・山陰中央テレビジョン放送株式会社)

観覧料

一般/700円 (20名以上の団体・前売・大学生・70歳以上/500円)
※高校生以下、学校活動での引率者、障がいのある方・難病患者の方・要介護者等およびその介護者は減免(観覧無料)

展示内容

ジクホコリ1000倍拡大模型「変形菌」は動物でも植物でもなく、「菌」の字がつき胞子で仲間を増やしますが、菌類(カビやキノコ)、細菌(バクテリア)の仲間でもありません。近い仲間はアメーバです。アメーバ状の姿からキノコのような姿に変身し、体の形を変えるので変形菌と呼ばれるふしぎな生きものです。

  【▼企画展コーナー紹介】

こんにちは変形菌

実物標本と美しい写真で変形菌を紹介します。
来場すると一人一人に虫眼鏡が渡されます。

自分の目で変形菌の探検に挑戦。

【画像・上】ジクホコリ1000倍拡大模型(日本変形菌研究会蔵)

日本の変形菌研究の始まり

昭和天皇(今の天皇のおじいさん)や南方熊楠(和歌山県の博物学者)の研究資料や関連の標本を紹介します。

 

かしこい変形菌 

巨大迷路イメージ変形菌はヒトくらいには頭がいい?
交通網に似たネットワークを描いたり、迷路を解いたりできます。

会場では、変形菌が解いた迷路を巨大迷路として再現します。実際に入ってみよう。

【画像・右】巨大迷路イメージ(提供:ミュージアムパーク茨城県自然博物館)

  

変形菌で楽しむ 

変形菌を大好きな人々と一緒に変形菌を楽しみましょう。

  

企画展についての紹介

鳥取県立博物館ニュース 2020 No.29でも企画展について紹介しています。

PDF(2.7MB)3ページ目をご覧ください。

  

チラシ

  チラシ裏面

キャラクターの紹介

 展示会場では、変形菌のキャラクターが楽しい時間をサポートしてくれます。

イラスト:中里明子

展示室内の写真撮影について

本展会場では、一部の展示品を除き、撮影いただけます。

※撮影不可の作品については会場内の表記でご確認ください。

他の来場者様に留意いただき、会場での撮影をお楽しみください。

企画展担当学芸員について

鳥取県立博物館 学芸課自然担当
清末 幸久(KIYOSUE, Yukihisa) 植物:主幹学芸員

お問い合わせ

鳥取県立博物館 学芸課 自然担当
〒680-0011鳥取市東町二丁目124 TEL.0857-26-8044 FAX.0857-26-8041 
  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000