当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





平成28年台風第16号に関する情報

情報は随時更新してまいります。

とりネット・とりネット(モバイル版)の他、あんしんトリピーメールフェイスブックツイッターなどでも情報発信します。


【県の体制】

9月20日 3時00分
警戒体制1
9月20日 8時33分
警戒体制2
9月20日 20時30分
警戒体制1
9月21日 5時30分
注意体制

【気象情報】

9月20日 8時33分
大雨警報(土砂災害)発令 (鳥取市北部、鳥取市南部、八頭町、若桜町、智頭町、倉吉市、三朝町、北栄町、琴浦町、大山町、伯耆町、南部町、江府町、日野町、日南町)
9月20日 15時53分
大雨警報(土砂災害)解除 (伯耆町、南部町、江府町)
9月20日 21時11分
大雨警報(土砂災害)解除 (鳥取市南部、八頭町、若桜町、智頭町、三朝町、北栄町、琴浦町、大山町、日野町)
9月20日 23時19分
大雨警報(土砂災害)解除 (倉吉市、日南町)
9月21日 04時14分
大雨警報(土砂災害)解除 (鳥取市北部)
  

平成28年台風第16号の特徴と予想される影響

[平成28年9月19日16時30分更新]

鳥取地方気象台が9月19日14時30分時点で台風第16号の特徴と予想される本県への影響について次のとおりまとめています。

特徴

  • 比較的コンパクトなため、鳥取県に接近すると急激に雨、風が強まる可能性がある。
  • 20日九州に上陸する頃からスピードを上げる。
  • 台風が九州に上陸し鳥取県に接近する頃から、台風本体の北東側で降水量が多くなる。
  • 前線の影響もあり、台風が最も接近する頃には警報級の大雨になる可能性。
  • 台風が中心コースを通った場合、紀伊半島に接近した頃に最も強風となり、場合によっては海上を中心に、非常に強く吹く可能性もある。

予想される鳥取県への影響

  • 現在非常に強い勢力の台風は、強い勢力を維持しながら九州に接近・上陸し、その後四国沖付近を北東進する予想。台風進路予想の中心コースを進む場合、20日昼過ぎ~夕方に鳥取県に最も接近する見込み。19日から次第に風・波が強まり、20日を中心に大雨となるおそれがある。
  • 台風が中心コースを進む場合、鳥取県は20日朝から強風域に入るが暴風域には入らない予想。ただし、台風の中心が北寄りのコースを通過する場合は、暴風域に入る可能性がある。
  • 台風が鳥取県に接近した場合、台風本体周辺の発達した雨雲により局地的に激しい雨が降るおそれがある。また、風の吹きつけにより県の北東斜面を中心に、雨量が増え、降水の時間帯が長引くため、総降水量が多くなる可能性がある。
  • 20日昼前から夜のはじめ頃にかけて、これまでに降った雨により土壌雨量指数の高い所では大雨警報(土砂災害)の可能性がある。
  • このため、土砂災害に警戒、低地の浸水や河川の増水、強風、高波に注意が必要。

平成28年台風第16号について

[平成28年9月16日17時更新]

鳥取地方気象台によると、台風第16号は、現在、石垣島の南約350kmに位置し、時速25kmの速さで北北西に進んでいます。現時点で、本県への影響は、20日後半から21日頃と見込んでいますが、秋雨前線の影響も考えられますので、大雨に注意が必要です。

また明日から、3連休に入りますので、特に沖縄や九州など、台風の影響が出るおそれがある地域へ旅行に出かける等の場合は、気象情報や交通情報等に十分注意してください。

併せて、以下の点にご注意ください。

    • 気象注意報・警報・土砂災害警戒情報等の最新情報をTVやラジオ等 から入手するよう心がけてください。
    • 家の周りを点検し、飛散する可能性のある ものを屋内に収納するか、固定してください。
    • 状況が悪化した場合は不要不急な外出は控えてください。
    • 大雨の最中や直後には、増水した用水路や側溝等に近づかないでください。
    • 非常持出品の準備、避難経路、避難場所等を確認してください。
    • 避難準備情報が発出されたら避難行動要支援者等は避難行動を開始してください。
    • 避難勧告・指示が発出されたら、あわてず速やかに避難し、危険を感じたら早めに自主避難してください。
    • 夜間に災害警戒情報が発表されるおそれがある場合は、早めの避難。避難することが危険と思われる場合は垂直避難等(家の2階以上や崖等の反対側への移動)により安全を確保してください。
    • 梨、柿、リンゴなどの農作物の固定化、あらかじめ収穫等の強風・水害予防措置を事前に行ってください。また、畜舎、農具舎等の強風対策を徹底し、飛散しそうな資材は屋内に入れてください。
    • 農地・ため池の見まわりなどは、安全が確認された後に実施し、人命最優先、二次災害の防止を徹底してください。

    ※避難準備情報は、要援護者等、特に避難行動に時間を要する者が避難行動を開始しなければならない段階にある状況で市町村が発令します。避難勧告などの意味合いと住民に求める行動はこちらからご確認ください。