当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

令和新時代創造本部

これまでの令和新時代創造本部の新着情報

平成29年8月17日(木)、県と市町村による行政懇談会を開催しました。
平成29年度第1回目の総合教育会議を開催しました。平成28年度「教育に関する大綱」(第二編)の評価、英語教育の推進等について意見交換を行いました。
鳥取県と日本財団が地方創生の全国モデルを目指す共同プロジェクトに向けて、県内市町村長、各業界団体代表等により編成する「顧問団会議(団長 山田憲典(株)不二家代表取締役会長)」を開催しました。会議では、1年目の具体的取組と地域の変化等を共有しつつ、各共同プロジェクトを通じて目指す地域の姿、あり方及び数値目標を提示し、意見交換を通じて県内関係者が一体となり更に取組を加速させることや、今回初めて各共同プロジェクトを通じて目指す地域の姿・あり方及び数値目標設定(KPI)について提示し、県内関係者が一体となり更に取組を加速させることを確認しました。
鳥取県元気づくり総合戦略の推進に当たり、若手職員の感性や柔軟な発想・アイデアを活かし、事業の提案・企画から実行(活動)まで取り組む「とっとり創生若手タスクフォース」の結成式を開催しました。 各チームの代表者による決意表明の後、知事から若手職員に対してエールが送られました。その後、チームごとに分かれて初回の打ち合わせを行いました。
県民総参加で推進してきた元気づくり総合戦略の2年目の取組等を踏まえ、県総合戦略の改訂に向けた意見交換を行いました。
平成29年5月11日(木)、第2回とっとり元気づくりを開催しました。 鳥取県元気づくり総合戦略の平成27年度・平成28年度の取組の評価を踏まえ、主な課題について今後の取組の方向性を議論するとともに、戦略の改訂に向けたスケジュールを確認しました。
平成29年4月6日(木)に第1回とっとり元気づくり推進本部会議を開催しました。部局横断で重点的に取組む事項について、「県庁働き方改革プロジェクトチーム」と「鳥取県規制改革推進チーム」を上位チームとする13のチーム(新規5、継続8)を設けて取組を検討・推進することを確認し、各チームの取組方針等について意見交換しました。また、若手職員が事業の提案・企画から実行まで参画する「とっとり創生若手タスクフォース」の設置を決定しました。
1月18日(水)午後1時より、知事と市町村長が地方行政の課題等について意見交換を行う「県・市町村行政懇談会」を開催しました。
若手職員の斬新なアイデアを活かした施策や事業により、鳥取県元気づくり総合戦略を推進するため、平成28年11月15日(火)「とっとり創生若手タスクフォース」による活動成果の発表が行われました。
県中部地震を踏まえた今後の対応をはじめ、全国学力・学習状況調査結果を受けての今後の取組、高校における県外生徒の受入れや教育大綱の評価の方向性などについて幅広く議論を行いました。
鳥取県と日本財団との共同プロジェクト協定締結から約1年が経過することから、県内市町村長、各業界団体代表等により編成する「顧問団会議」を11月2日(火)に開催しました。
平成29年度当初予算に向けた第1回政策戦略会議及び予算編成会議を平成28年10月18日(火)に開催しました。
鳥取県と東京海上日動火災保険株式会社及び東京海上日動あんしん生命保険株式会社とは、地方創生に関する包括連携協定を締結することに合意し、平成28年8月25日、協定書締結式及び共同記者発表を行いました。
平成28年7月29日、鳥取県×日本財団共同プロジェクトの「鳥取助成プログラム」、「働く障がい者の活躍」の取組に係る第一期助成事業が決定したことに伴い、事業開始に向けた関係者の意識高揚と、県内各地での取組の展開に向けた機運を盛り上げるためキックオフ結団式を開催しました。

最後に本ページの担当課
   鳥取県 令和新時代創造本部 新時代創造課
   住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話 0857-26-78200857-26-7820     ファクシミリ  0857-26-8111
   E-mail  shinjidai-souzou@pref.tottori.lg.jp