施設外観鳥取県立鳥取産業体育館・鳥取県営鳥取屋内プールは、産業の振興及び地域スポーツの振興の拠点として、多くの県民の方々に利用していただいています。
 平成18年度より環境配慮活動の取組を始め、平成19年度にTEASII種に登録され、より一層力を入れて活動しています。
 取組の主なものは次のとおりです。
  ・省資源・省エネルギー化の推進
  ・施設内で出されるゴミの分別・減量化
  ・ソーラーシステムの活用により生み出したエネルギーを、プール水・シャワー水の加温及び、冷・暖房等の冷却水に使用し、上水道及び燃料費の削減の取組等
 
 活動は次の三つを基本として活動を行っています。
 一つ目は、施設内の省資源・省エネルギー化の促進としてコピー用紙の削減の取組として、
 (1)印刷時には必ず印刷プレビューで確認し印刷ミスをなくすこと
 (2)裏面印刷を徹底すること
 これらの事により、平成18年度に比べ平成19年度では8.7%の削減を達成しています。

 二つ目は、施設内で出されるゴミの分別・減量化の取組として、
 (1)利用者の方にTEASの理解と協力を得ながら施設内のゴミ箱を減らすこと
 (2)持参ゴミの持ち帰りのお願い
 (3)事務所から出る紙類はできる限り古紙に出すこと
 (4)シュレッダーをした紙は、関連施設に協力を得、花壇の肥料として役立てること
 この取組によりゴミの減量化としては、32%の削減ができました。

 三つ目のソーラーシステムの活用による水道及び燃料費の削減の取組みについては、天候等に左右され、冬場ソーラーシステムが活用できないこともあり、著しい成果ということにはなりませんでしたが、利用者の方に理解と協力を得ながら努力しています。

     グラフ1    グラフ2

 この他、館内に設置している自動販売機のペットボトル・キャップの回収やアイドリングストップの奨励、職場のマイはしの持参、買い物時のマイバッグ持参によるノーレジ袋運動にも職員が率先して取組んでいます。
 環境教育研修では職員の意識を高める為、今年度は鳥取環境大学から講師を招き他施設のTEASの様子を聞き、今後の環境配慮活動において役立てるようにしました。
 TEASの導入による一番の成果は、コストの削減はもとより、職員1人1人の環境配慮意識が施設内、家庭においてこれまで以上に高まった事だと思います。
今後も、職員一同施設内外において、環境配慮活動に努力して行きたいと思います。

            キャップ回収        ポイ捨て・アイドリングストップ表示
             キャップ回収           ポイ捨て・アイドリングストップ表示
【登録データ】

名称

鳥取県立鳥取産業体育館
鳥取県営鳥取屋内プール

住所

鳥取市天神町50番地2・50番地3 [地図]

初回登録日

平成19年6月14日

活動範囲

施設管理とスポーツ及び産業の振興活動

登録番号

39・037-1


鳥取県営鳥取屋内プール・鳥取県立鳥取産業体育館のホームページへのリンク

http://t-santai.tottori-sf.net/


最後に本ページの担当課   鳥取県 生活環境部 脱炭素社会推進課
 住所 〒680-8570
     鳥取県鳥取市東町1丁目220
 電話 0857-26-72050857-26-7205(温暖化対策担当)
    0857-26-78790857-26-7879(新エネルギー担当)
 ファクシミリ 0857-26-8194
 E-mail datsutanso@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000