当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

年表

年次
項目
明治 4年(1871)  廃藩置県により鳥取県誕生する。
9年(1876) 府県改廃により島根県に併合される。
14年(1881)  鳥取県が再置される。
15年(1882)  公立鳥取師範学校が設置される。
16年(1883)  境港が全国主要港湾に指定される。
18年(1885) 県庁、鳥取市東町に移転する。
21年(1888) 市制・町村制が公布される。
22年(1889) 鳥取市ができる。(町村の大合併で従来の1,252町村が1市4町233村に)
24年(1891) 淀江大火が起こる。(約2,600戸焼失)
26年(1893) 天神川水系を中心に水害が起こる。(明治最大の被害 死者219人、流失全半壊家屋約10,500戸)
29年(1896) 郡の統廃合。従来の14郡を岩美、八頭、気高、東伯、西伯、日野の6郡とする。
35年(1902)  境一御来屋間に鉄道が開通する。
37年(1904) 二十世紀ナシが県内に導入される。
40年(1907) 境港一鳥取間に鉄道が開通する。
鳥取市に初めて電燈が灯る。
44年(1911) 烏取一東京間など長距離電話が開通する。
45年(1912) 米子で県下初のメーデーが行われる。
大正 7年(1918) 鳥取市で大洪水が起こる。(死傷者85人、家屋倒壊2,500戸)
9年(1920) 第1回国勢調査で県人口454,675人となる。
10年(1921) 鳥取高等農業学校が開校される。
15年(1926) 米子で県下初のメーデーが行われる。
年次
項目
昭和 2年(1927) 米子市ができる。
3年(1928) 伯備線が全線開通する。
5年(1930) 若桜線が全線開通する。
6年(1931) 県立鳥取図書館が開館する。
7年(1932) 因美線が全線開通する。
8年(1933) 山陰本線(京都一下関)が全線開通する。
11年(1936) 大山、国立公園に指定される。
NHK鳥取放送局が開局する。
18年(1943) 鳥取大地震が起こる。(死者1,210人、家屋全半壊27,401戸)
22年(1947) 初代民選知事が誕生する。
昭和天皇行幸。
24年(1949) 鳥取大学が発足する。
27年(1952) 鳥取大火が起こる。(死者3人、焼失住家6,786戸)
知事、県下168市町村へ合併を勧告する。
28年(1953) 倉吉市ができる。
国際陸上競技大会が倉吉市で開催される。
29年(1954)  鳥取砂丘、天然記念物に指定される。
ラジオ山陰が放送を開始する。
30年(1955) 国道29号戸倉トンネルが開通する。
人形峠でウラン鉱発見。
この年、町村合併がさらに進み、県下3市50町村になる。
31年(1956) 境港市ができる。
智頭農林高校、大阪インターハイ男子団体徒手(新体操)で初優勝する。
32年(1957) 鳥取市営鳥取飛行場が開設される。(後の県営鳥取空港)
34年(1959) 県内でテレビ放送が開始される。
36年(1961) 鳥取西高校、秋田国体女子団体徒手(新体操)で初優勝する。
37年(1962) 県庁舎(本庁舎)が完成する。
県立厚生病院が完成する。
38年(1963) 豪雪県下を見舞う。(境港市の積雪91センチ)
大山国立公園の区域を拡大し、大山隠岐国立公園となる。
比婆・道後・帝釈国定公園に指定される。
40年(1965) 昭和天皇、皇后両陛下、大山植樹祭で行幸啓。
41年(1966) 皇太子ご夫妻(当時)国立公園大会で行啓。
中海地区新産業都市に指定される。
42年(1967) 県営鳥取空港が開港する。
43年(1968) 明治百年記念式典を開催。(県章、県旗、県歌制定)
伯仙町、米子市と合併、県下4市35町村となる。
44年(1969) 氷ノ山後山那岐山国定公園に指走される。
47年(1972) 大山国体(冬季)が開催される。
県立博物館が開館する。
48年(1973) 烏取砂丘こどもの国がオープンする。
50年(1975) 県庁第二庁舎が完成する。
県立中央病院が完成する。
53年(1978) 鳥取駅の高架が完成する。
国府町の梶山古墳で彩色壁画が発見される。
皇太子ご夫妻(当時)、県内をご訪問。
54年(1979) 由良育英高校、滋賀インターハイ陸上男子で総合優勝。
55年(1980) 県人口、25年ぶりに60万人台回復。(604,225人)
56年(1981) 米子空港が民航ジェット化される。
鳥取産業体育館が開館する。
57年(1982) 伯備線・山陰本線(伯耆大山一知井宮間)電化開業する。
鳥取県史18巻完結する。
59年(1984) 豪雪県下に大きな被害をもたらす。
倉吉線、バスヘ転換される。
特産二十世紀ナシの米国本土向け輸出が実現する。
「交通死亡事故2年連続減少、交通事故減少3冠王」を達成する。
60年(1985)
鳥取空港ジェット化される。
61年(1986) 重要港湾鳥取港が開港する。
山陰路観光キャンペーンを展開する。
中国河北省と友好県省を締結する。
62年(1987) 智頭線が工事を再開し、若桜鉄道が開業する。
台風19号、県中部を中心に大きな被害をもたらす。
63年(1988) 「ことぶき総合計画」を策定、ことぶき高齢者事業センターが事業を開始する。
中海、宍道湖淡水化試行の延期が決定する。
県の情報公開制度がスタートする。
年次
項目
平成 元年(1989) 中海が湖沼法に基づく指定湖沼に指定される。
賀祥ダムが完成する
第1回ジャパンオープン国際卓球選手権大会が開催される。
米子自動車道(江府一米子)が開通する。
県水産試験場が境港に移転新築する。
2年(1990) 鳥取市など2市9町村が頭脳立地法に基づく特定事業の集積を促進する地域に指定され、(株)新産業創造センターが設立される。
烏取空港の滑走路が2,000mとなり、国際チャーター便が就航する。
烏取市、米子市、国府町の一部が地価監視区域に指定される。
県立図書館が移転新築し、県立公文書館とともに開館する。
国道9号北条バイパスが全線開通する。
3年(1991) 上淀廃寺跡発掘調査により日本最古級の壁画が出土する。
中国河北省との友好提携5周年に当たり、「鳥取県・河北省友好県省提携交流促進覚書」を締結する。また、鳥取県・島根県友好親善訪ソ団が旧ソ連沿海地方を訪問し、「友好交流に関する覚書」を締結する。
全国童謡・唱歌サミットを開催する。
4年(1992) 境水道及び中海における鳥取県と島根県との境界が確定する。
バルセロナ五輪で本県出身選手大活躍。男子マラソン銀メダルの森下選手に初の県民栄誉賞、女子マラソン4位の山下選手、重量挙げ8位の西本選手にスポーツ顕彰を授与する。
米子自動車道全線が開通する。
5年(1993) 第48回国民体育大会冬季大会スキー競技会〈だいせん国体〉を開催する。
フルーツコレクション倉吉'93倉吉農業博覧会を開催する。
県民文化会館が開館する。
6年(1994) 鳥取県親善代表団が中国吉林省を訪問し、「友好交流に関する覚書」を締結する。また、韓国江原道と友好提携の調印を行った。
第1回県民文化祭が開催される。
智頭線が全線開通する。
7年(1995) 境港地域輸入促進計画(FAZ)が承認されるとともに、対岸諸国への定期航路が開設される。
皇太子ご夫妻をお迎えして「全国高等学校総合体育大会」が開催される。
「わらべ館」と中国庭園「燕趙園」がオープンする。
8年(1996)
「人権尊童の社会づくり条例」「環境基本条例」「福祉のまちづくり条例」を制定する。
米子空港の2,000m滑走路が完成するとともに、鳥取空港国際会館がオープンする。
9年(1997) 中国横断自動車道岡山米子線が全線開通する。
山陰夢みなと博覧会を開催する。
鳥取県人権センターを設立する。
10年(1998) 米子コンベンションセンターを開館する。
鳥取大学乾燥地研究センターのアリドドームが完成する。
「とっとり県民の日条例」(9月12日)を制定する。
北東アジア経済フォーラム・米子会議を開催する。
全国高等学校総合文化祭を開催する。
11年(1999) 妻木晩田遺跡の全面保存決定。
とっとり花回廊を開園する。
鳥取県大連事務所を開設する。
12年(2000) 鳥取県西部地震が発生する。
青谷上地寺遺跡で人骨等が出土する。
第7回環日本海圏地方政府国際交流・協力サミットを開催する。
13年(2001) 米子空港-大韓民国仁川(インチョン)国際空港の定期便が就航する。
米子空港滑走路2500m化に事業着手。
鳥取環境大学が開学する。
鳥取県立倉吉未来中心、鳥取二十世紀梨記念館がオープンする。
14年(2002) 第17回国民文化祭・とっとり2002(夢フェスタとっとり)を開催する。
鳥取情報ハイウェイの一部共用を開始する。
15年(2003) 青谷・羽合道路が開通する。
鳥取空港-名古屋空港の定期便が就航する。
鳥取県総合芸術文化祭を開催する。
全国野鳥保護のつどい、ジャパンフラワーフェスティバルを開催する。
16年(2004) 二十世紀梨が導入100周年を迎える。
市町村合併が進み、4市22町1村に。
鳥取情報ハイウェイが全線開通する。
境港と中海の江島を結ぶ「江島大橋」が開通する。
県警察本部庁舎が完成する。
17年(2005) 第17回全国生涯学習フェスティバル・まなびピアとっとり2005を開催する。
市町村合併で県内19市町村に再編。
中海干拓堤防の開削問題、森山堤防の一部開削で決着
中海がラムサール条約の登録湿地に。
18年(2006) 第19回全国スポーツ・レクリエーション祭~スポレク鳥取2006を開催する。
三徳山が開山1300年を迎える。
湯梨浜町方面地区のウラン残土の撤去が完了する。
松本京子さんが拉致被害者に認定される。
19年(2007) 鳥取県知事・県議会議員選挙実施~「次世代改革」に向け新たな県政スタート。
世界陸上2007大阪に出場のジャマイカ選手団が鳥取市で事前合宿。
和牛博覧会inとっとり、大盛況の中に幕。
青谷上寺地遺跡、国文化審議会が国史跡への指定を答申。