当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
建物の一部として使われていたと考えられます。

板


今から2000年前に護岸材に使われた板。長さ2.6m、幅70cmと大型で、弥生時代のものとしては最大です。もとは建物の一部であったものでしょう。
窓枠状木製品
たくさん見つかった建築材ですが、建物のどの部分か具体的にわかるものは限られています。これは窓ではないかと思われるものです。