当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
 サーバのメンテナンスのため、9月21日(土) 0時~23日(月)18時の間、とりネットの一部コンテンツがご利用いただけません。詳細は、お知らせをご覧ください。
発見された建築部材は、妻木晩田遺跡の建物復元に活かされています。

 鳥取県を代表する弥生時代の集落遺跡である「妻木晩田遺跡」。ここでは大地に掘り込まれたたくさんの住居や倉庫の跡が見つかりました。
 青谷上寺地遺跡では無数の柱穴は確認されていますが、今のところ住居跡は未発見です。その代わりに建物部材は大量に見つかっています。
 ただ建物の構造がわかるような出土状況ではなく、護岸材に転用されたり、溝の中に廃棄された状態で見つかっていますので、青谷上寺地遺跡に建ち並んでいた建物の姿を復元するのは容易ではありません。
 妻木晩田遺跡の現地整備には青谷上寺地遺跡出土の建築部材を参考にした建物復元も取り入れられています。鳥取県が全国に誇る、このふたつの遺跡により弥生時代の建物の実態を明らかにすることが期待されます。


屋根下地
棒材を格子状に組んだもの。屋根下地ではないかと考えられます。
大型板材
大型の板材。切り込みなどの加工が見られます。
ネズミ返し
ネズミ返しの可能性がある板材。
高床倉庫
妻木晩田遺跡に復元された高床倉庫。青谷上寺地遺跡の建築材を参考にしています。