当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

職員の研修制度

 職員の能力を高め、スキルアップしていくための様々な研修があります。

 採用後すぐに行われる新規採用職員研修をはじめとして、随時行われる能力開発、職務能力向上のための研修、通信教育などの自己啓発活動の支援などの制度があります。(研修制度は職種によって異なります。)

 採用後も、目的意識をもってこれらの研修を積極的に受講し、デキる職員を目指しましょう!
  

新規採用職員研修

 新規採用職員を対象とした研修で、県職員として必要な基礎的知識・実務等を身につけます。
 職場に適応し、スムーズに県職員として出発できるように、採用されて1年間、フォローアップも含めて継続的な研修が行われます。

平成28年度の実績

4月

基礎研修(7日間)

県職員として必要な基礎的な知識・実務等を習得します。

6月

体験研修1・2

協働連携及び防災・救急救命の実習を行います(1泊2日)

また、民間企業等で随時実習を行います。(10月~2月)

10月

フォロー研修(計2日間)

職場での実務経験を踏まえてフォローアップを行います。

※2年目以降も段階に応じて必要な研修が用意されています。
  
【防災研修の様子】
消火訓練の写真 消防士が県職員に消火器の使用方法を説明する写真
【福祉研修の様子】
福祉施設職員による車椅子の使用方法説明写真 職員らの車椅子体験写真
  

新規採用職員サポーター制度

 採用1年目は初めてのことばかりで、誰でも不安になるものです。

鳥取県では、新規採用職員について、それぞれの職場の上司や先輩が「サポーター」としてフォローし、指導に当たります。

 新規採用職員が早く職員として自立して仕事ができるように、職場全体でバックアップしていく体制がつくられています。

自己啓発支援

 職員の自己啓発活動を支援するため、指定の通信教育講座や放送大学の受講生の募集、受講費用の助成などが行われています。
 
 法律、行政、経済分野やパソコン関係などの県職員としての業務に直結するもののほか、語学なども含めた様々な分野から興味のあるコースを選択することができます。

※その他にも、能力開発・向上のための様々な研修メニューが用意されています。