概要・目次(5巻)

書名

鳥取県史ブックレット第5巻

『江戸時代の鳥取と朝鮮』

概要

 米子の大谷・村川家による欝陵島(うつりょうとう)渡海、朝鮮通信使と鳥取藩との関わり、鳥取藩領への朝鮮人漂着事例など、江戸時代の鳥取県域と朝鮮の関係史を、具体的な史料にもとづいて、わかりやすく紹介します。

目次

はじめに

一 朝鮮に出自を持つ鳥取町人

「鎖国」以前の日本/海老屋の松/竹野屋が松/柳御蔵の柳

二 米子の大谷・村川家の竹島(欝陵島)渡海

従来の通説/「竹島渡海免許」の年代/「竹島渡海免許」の背景/鳥取藩の保護と支援/松島(竹島)への渡海

三 竹島(欝陵島)渡海と朝鮮への漂着

竹島(欝陵島)渡海の実態/二つの漂流/竹島(欝陵島)に渡った人々/鳥取藩領から朝鮮への漂着

四 元禄竹島一件(一) 一六九三年

元禄竹島一件とは/一六九二(元禄五)年の渡海/一六九三(元禄六)年の渡海/安龍福と朴於屯/幕府と対馬藩の対応/竹島(欝陵島)渡海禁止の決定

五 元禄竹島一件(二) 一六九六年

安龍福二度目の来日/鳥取での安龍福/鳥取藩の対応の理由/安龍福の来航目的/帰国後の安龍福/「元禄竹島一件」と竹島問題

六 鳥取藩と朝鮮通信使

江戸日本の誠信外交/鳥取藩の道中人馬役/一七六四(明和元)年の人馬役/使者小川利兵衛の苦労/朝鮮国王へ贈る刀を打った鳥取の刀工/通信使を見た百姓・町人

七 朝鮮からの漂流民(一) 一七六七年、汗入郡上万村

鳥取藩領への漂流・漂着/上万村への漂着/四人は慶尚道長鬐出身の漁民/上万村での漂流民/対馬藩からの情報と幕府への届け出/漂流民、鳥取城下へ/漂流民、長崎へ

八 朝鮮からの漂流民(二) 一八一九年、八橋郡赤崎沖

友好交流の象徴/一二人の漂流民/漂着から帰国までの経緯/交流を示すもの

九 朝鮮からの漂流民(三) 一八三八年、岩井郡網代村

慶尚道蔚山の船、網代に漂着/その後の漂流民/網代村善四郎/一八六二(文久二)年河村郡宇谷村へ漂着した異国船

おわりに ―朝鮮へのまなざし―

主な参考文献/引用史料出典/協力者・写真提供者/あとがき

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000