むきばんだ応援団「むきばんだを歩く会」

       妻木晩田歩く会の皆さん

団体紹介

設立趣旨

妻木晩田遺跡のある妻木山・晩田山は、自然豊かな山であり、地域の皆さんの里山として利用されてきました。四季折々に変化する妻木晩田の自然の魅力をみんなで歩いてみつけてまわり、それを情報として発信することを目的としています。

活動開始

2005年(平成17年)~

会員数

35名

会の活動

鳥取県自然観察指導員の鷲見寛幸先生の指導の下、毎月1回2時間程度、遺跡周辺の植物の観察及び写真撮影を行い、毎月の観察結果を「花だより」として会員に配布するとともに、むきばんだ史跡公園内の施設に掲示しています。
主な活動内要は以下のとおりです。

・「むきばんだ花だより」はこちらからご覧ください!

(1)植物観察と写真撮影

これまで約250種の植物の観察と写真撮影をしています。年間を通して植物の変化をたどれるように、月毎の写真を揃える事を目標としています。

(2)植物マップの作成

  • 平成20年9月に、洞ノ原地区で見る事の出来る植物71種を紹介し、携帯資料としての「植物マップ」を作成しました。
  • 平成23年3月には、妻木新山地区の弥生の森遊歩道の完成に合わせて、樹木を中心とした「妻木新山地区の植物マップ」を作成しました。
  • 植物マップは妻木晩田遺跡活用実行委員会のご協力で、無料で見学者に配布してご好評いただいています。

(3)樹木の名札の取付

洞ノ原地区及び妻木新山地区の弥生の森を中心に、樹木の名札を約100本程度取り付け、随時名札の追加・修理等を行っています。

樹木の名札づくりの様子

(4)妻木晩田遺跡の各行事への参加協力

春の新緑祭り、秋の秋麗祭りでは、弥生の森散策ツアーのガイドとして、また妻木晩田の植物を使用した草木染め体験に協力しています。
  
弥生の森散策ツアーガイドの様子

メッセージ

毎月第1週の土曜日9時30分~12時まで植物観察をしながら楽しく散策します。
入会料(初年度のみ)2,000円、「花だより」等の資料代として月300円で、誰でも入会できます。

  

【休園日】

  • 8月の休園日
    8月22日(月)
  • その次の休園日
    9月26日(月)
  • 年末年始の休園日
    12月29日~1月3日

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000