メンテナンスのため、12月1日(火) 1時~4時30分(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

【好評開催中】シリーズ ミュージアムとの創造的対話03 何が価値を創造するのか?

タイトル画像

「ミュージアム」という場所や従来の枠組みにとらわれず、実験的で多彩な表現を展示室の内外に展開させるシリーズ企画展。第3回目となる今回は「価値の創造」をテーマに展示を行います。

会期・会場

□会期

2020年11月28日(土)~12月27日(日)

休館日 12月14日(月)
午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

□会場

鳥取県立博物館(鳥取県鳥取市東町二丁目124)2階 第1~第3特別展示室

倉吉サテライト会場

・Aコレクション・ストレージ(鳥取県倉吉市和田東町121‐1 旧松本木工所)
・株式会社丸十倉庫(鳥取県倉吉市秋喜350‐23 西倉吉工業団地内 ※土日のみ開場)

会場までの地図

 ■倉吉サテライト会場への詳しい地図

主催等

作品画像主催:創造的対話展実行委員会(鳥取県立博物館、山陰中央テレビジョン放送株式会社)

協賛:日本通運、株式会社モリックスジャパン、株式会社吉備総合電設、三和商事株式会社、鳥取県情報センター

協力:株式会社丸十、倉吉運送、KENJI TAKI GALLERY

画像:渡辺英司《名称の庭-御園小学校》インスタレーション風景 2010

観覧料

作品画像一般/600円(大学生・70歳以上の方・20名以上の団体/400円/)

前売/400円(一般のみ)

※倉吉サテライト会場は無料
※次の方は無料…高校生以下の方、学校教育活動での引率者、障がいのある方、難病患者の方、要介護者等及びその介護者

 

画像:小林正人《写生(1993.4.16)》1993 油彩/カンヴァス

 

企画展について

作品画像鳥取県立博物館は、昭和47年の開館以来今日まで、調査研究に基づく資料の収集や展覧会及び教育普及プログラムを通して、文化芸術を保存し、次世代へ継承していくための活動を行ってきました。これをさらに広げ、これからのミュージアムの可能性を開く試みとして、2017年にシリーズ展「ミュージアムとの創造的対話」を開始しました。本シリーズでは、ミュージアムを巡る問いを契機に、国内外の優れたアーティストによる実験的で多彩な表現を展示室の内外に展開させることで、思考を促し、人やモノ、場との対話を重ねながら、その現代的な意味を探ることを目的としています。

 
作品画像第3回目の今回は、ある個人コレクターのコレクションと、収蔵アーティストによる新旧作の展示を通じて、美術作品における「価値」とは何か、それはいつどのように作られるのかについて考察します。「アーティスト」たちは、自らのアイデアや知見を頼りに、様々な素材を用いて作品を制作し、新しい「価値」を提示する存在です。一方、「ミュージアム/美術館」は、作品を展示したり収蔵したりすることで、歴史的あるいは美学的な価値を認め、その作品の価値を定め、時には高める役割を果たします。「コレクター」もまた、作品に何らかの価値を見出し蒐集する点でミュージアムの姿と重なりますが、その動機や基準、目的は様々です。とりわけ同時代の作品をコレクションすることは、時代を先駆ける価値づけの行為とも言え、あるときは作品の理解者として、またあるときは作家の経済活動を支えるパトロンとして、大きな社会的役割を担ってきました。本展で紹介する「Aコレクション」は、1980年代から日本の現代アートを中心に収集が始まり、現在では数百点にのぼります。特徴的なのは、数十年にわたって特定の作家の活動を観察し続け、作品購入を通じた支援だけでなく、作家活動のアーカイヴやプロジェクトへの参画まで活動を広げていることです。

 
本展では、この秘蔵のコレクションを展示し、約30年にわたる収集活動の成果を公開することで、1980年代から2010年代にかけての日本の現代美術の歩みの一側面を紹介します。同時に、「コレクション」という集合体をめぐる現場をアーティストやコレクター、関係者そして鑑賞者とともに作品に寄り添いながら検証し、その可能性と課題について考える契機とします。

画像・上から:ミラン・トゥーツォビッチ《リーリャ・ブリーク》2015、 藤原勇輝「Mass + Game」インスタレーション風景 2017 photo by Yuki Hayashi、 

各会場の出品作家

 鳥取県立博物館

■第1特別展示室

作品画像松澤宥、村岡三郎、渡辺英司

■第2特別展示室

赤塚祐二、黒川弘毅、小林正人、フェリックス・ゴンザレス=トレス、鷲見和紀郎、関根伸夫、リチャード・セラ、竹川宣彰、チェン・ルオビン、藤澤江里子、丸山直文、ミラン・トゥーツォヴィッチ、村上友晴、リ・ウーファン、若林奮 ほか

作品画像■第3特別展示室

大塚泰子、原口典之

■博物館前エントランス

原口典之

&nbs

画像・上から:村岡三郎《 ホヴァリング(空中停止)》 1977 写真、 丸山直文《1832》2000 アクリル/綿布

 

倉吉サテライト会場

■Aコレクション・ストレージ

竹川宣彰、PHスタジオ、藤原勇輝 ほか

■株式会社丸十倉庫

原口典之

作品画像  作品

画像・左から:竹川宣彰_遊牧_2011年_牛乳パック、木、糊_H220 x 375 x 145 cm、原口典之《 新潟.景12》 インスタレーション(水と土の芸術祭2012、 新潟) Photo by 村井勇

 ※上記については変更がある場合がございますので、ご了承ください。

企画展の紹介

2020年9月発行の「鳥取県立博物館ニュース30号」でも企画展について紹介しています。
 〉〉No.30(3ぺージ)PDF(3.2MB)

  

同時開催中の展示

『生誕100年記念
杵島隆―不滅のパイオニア精神(スピリット)』

10月14日(水)~2021年1月31日(日)

1階美術常設展示室で開催

★企画展をご覧の方は、当日に限り無料で常設展示をご観覧いただけます。

ミュージアムショップ

ポストカードプレゼント企画展に合わせて企画展関連の商品を取りそろえております。

また、企画展の会期中に1階ミュージアムショップで商品をご購入された方へ、会計1回につき、ポストカードを1枚プレゼントいたします。美術分野8種より、お選びいただけます。ご来館の際には是非お立ち寄りください。

 

 

いっしょにみてみて、もくようび

展示室に小さなお子様とご一緒においでいただき、気兼ねなく作品鑑賞をしていただくための時間として、会期中の毎週木曜日の午前中を「子どもと一緒の鑑賞優先時間」としています。ベビーカーを押して、ぜひお越しください。

企画展チラシ

     

チラシを拡大してごらんになられたい方はPDF画像で閲覧ください。 〉チラシpdf:3475KB

企画展担当学芸員について

鳥取県立博物館 美術振興課
・赤井 あずみ (AKAI, Azumi) 近現代美術・写真 

お知らせ

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、本展の会期や内容に変更が生じる可能性があります。

お問い合わせ

鳥取県立博物館 美術振興課
〒680-0011鳥取県鳥取市東町二丁目124 TEL.0857-26-8045 FAX.0857-26-8041
  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000