当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

 

 

 

 

新着情報・関連リンク 美術館のコンセプト イベント情報 開館までのプロジェクト 所蔵作品 アーカイブ

  

美術館整備局のホームページにようこそ

このサイトでは、

令和6年度 (2024年度) の開館に向けて整備を進めている

鳥取県立美術館に関する様々な情報をお伝えします。

鳥取県立美術館整備基本計画   平成30年7月「鳥取県立美術館整備基本計画」策定

                       《概要版》《全文》はこちらをご覧ください。

 

 どこに? 鳥取県の倉吉市(建設予定地:倉吉パークスクエアに隣接)の約1.8万平方メートルの敷地に、約1万平方メートルの県立美術館を整備します。鳥取県の中心に位置し、県内各地から集いやすく、美術館からアウトリーチもしやすい立地で、周辺の文化施設や観光施設等との連携を図ります。
 いつ? 令和6年度(2024年度)開館予定。PFI事業者を選定し、現在は設計や建設工事など、開館に向けた準備が進められています。準備期間中も県民の皆様との美術館づくりワークショップ等を開催します!
 どんな? コンセプトは「未来を『つくる』美術館」。 従来の美術館機能に加え、人々が集い・楽しみ・交流する拠点として、さまざまな空間での多様な利用・にぎわい、お気に入りのサードプレイスとなる美術館をめざします。また、美術を通じて学ぶ「ラーニングセンター」の機能を備えます。県内の美術館等と連携しながら、幅広い分野の展覧会やプログラムを企画し「とっとりのアート」を発信します。
 どうやって? 民間の活力やノウハウを活かして公共施設を整備運営するPFI手法により、美術館を設計・建設し、施設の維持管理や運営を行っていきます。また、県内企業の参画や県民の雇用を促進し、地場産品を活用するなど、地域経済の活性化に貢献します。
鳥取県立美術館の整備運営の概要
1 ◆ 令和6年度、倉吉に新しい、県立美術館が開館します。
◆ 県立美術館は、県とPFI事業者がお互いのノウハウを活かしながら、美術館を設計・建設し、施設の維持管理、運営を行っていきます。
◆ 県民のみなさんと一緒に、美術館づくり、美術館運営を行います。
PFI事業者の提案概要

《 提案書概要版 》はこちらをご覧ください。(PDF 27MB)

   整備運営計画説明ビデオ 

鳥取県立美術館の施設整備や運営の概要をビデオで説明します。【施設整備編】と【運営編】に分けて掲載しています。

※本動画資料は、提案書概要版を詳細説明するものです。今後、計画を進める中で一部変更になる場合があります。

施設整備 編

全画面表示はこちらからご覧ください。

【施設整備編(約15分)】
設計・建設・運営・維持管理の実施体制、取組方針、施設デザイン、諸室の配置計画 等

運営 編

全画面表示はこちらからご覧ください。

【運営編(約10分)】
管理運営方針、展示、県民参画プログラム、レストランカフェ・ミュージアムショップの取組み 等
美術振興の取り組み

   所蔵作品の紹介 

所蔵作品の紹介へのリンク

  

鳥取県立博物館が収蔵している美術分野の資料(洋画、日本画、彫刻など)を紹介します。

   教育普及 

教育普及事業へのリンク

  

鳥取県立博物館美術部門の教育普及事業をまとめました。



   所蔵作品 
   所蔵作品 

施設整備 編

       動画掲載

◆○○○

最後に本ページの担当課    鳥取県教育委員会事務局 美術館整備局 美術館整備課
    住所  〒680-0816
                 倉吉市駄経寺町212-5
    電話  0858-47-30110858-47-3011
       ファクシミリ  0858-47-3022
    E-mail  bijyutsukan-seibi@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000