教育理念

 鳥取県立歯科衛生専門学校は、幅広い教養・専門科目の修得及び臨地・臨床実習の充実を図り、自ら創造する能力・思いやりと社会性を持った歯科医療の担い手としての歯科衛生士の育成を目指します。
  

校長の挨拶

 本校は、昭和38年に鳥取県民の口腔衛生の普及の一翼を担う歯科衛生士の養成を目的として設立され、幾多の変遷を経て現在地で3年制の歯科衛生士養成機関として今日まで数多くの歯科衛生士を輩出してきました。
 口腔は、食べる楽しみ・話す喜び・容貌の維持などの、人間本来の機能を持ち続けるための根本的な生命の源を司どっています。そして近年の研究により、口腔の細菌が全身の病気に多くの影響を与えることが明らかになってきています。これは口腔機能を維持することと、口腔を清潔に保つことは、健康な体を支持し、長寿を得ることと深い関わりを持つことを意味しています。
 このような状況の変化において、口腔ケアなどの口腔管理のプロフェッショナルである歯科衛生士の役割は大変重要で、近年の歯科衛生士に対する期待は飛躍的に大きくなっています。また歯科衛生士は国家資格の専門士であり、どのようなライフステージにおいても就業可能な職種で、歯科医院はもちろんのこと、行政機関・福祉施設・病院など多くの職場で活躍しています。
 本校では経験豊富な教員が、学生に寄り添った丁寧な指導教育を行い、さらには患者様の立場に立って医療を考えることの出来る歯科衛生士の育成を目指します。
 校長 谷尾 和彦

  
 
  

最後に本ページの担当課    鳥取県立歯科衛生専門学校
    住所 〒680-0841
             鳥取県鳥取市吉方温泉3丁目751-5
    電話  0857-23-26210857-23-2621    
    ファクシミリ  0857-23-5584
    E-mail  kenshi@ttrda.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000