当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

1.エコファーマーとは

エコファーマーとは

 持続性の高い農業生産方式の導入に関する法律に基づき、化学肥料・農薬の低減や土づくりを一体的に取り組み、生産方式の導入計画を提出し都道府県知事の認定を受けた農家や法人を指します。
 これは、過剰な化学肥料や農薬の使用を避け、堆肥を施用した土づくりを行うなど、環境と調和のとれた持続的な農業を行う農業者を『エコファーマー』として認定し、それら農業者に資金面での支援を行うとともに、生産される農産物を消費者に対しアピールし認知度をあげ、環境にやさしい農業の促進をねらったものです。
エコファーマーロゴマーク

「エコファーマー」対する特例・支援の内容

特例

農業改良資金(環境保全型農業導入資金)の貸し付けに関する特例

 堆肥舎、マニュアスプレッダーなどの設備に係る資金について、据置期間(3年)を含む償還期間が延長されます(10年から12年に)。

支援

農業改良資金

 環境保全型農業に必要な機械、施設、資材(初年度経費1回のみ)について、借りることができます。

持続性の高い農業生産方式の導入に関する法律について

農林水産省ホームページで詳細をご覧いただけます。
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000