概要・目次(23巻)

書名

鳥取県史ブックレット第23巻『因幡・伯耆の古墳時代』


概要

 本書は、鳥取県における古墳の出現、前方後円墳の展開と終焉という問題について、ここ20年ほどの発掘調査成果の蓄積でわかってきたことや新鳥取県史編さん事業の成果に基づいて紹介します。

 また、村の様子、中小規模の古墳群からわかる社会の変化、鳥取県内の地域差など、古墳時代の様々なトピックを扱っています。


目次

はじめに

1 弥生墳丘墓から古墳へ

弥生墳丘墓と前期方墳の違い/同棺複数埋葬とは/子ども墓の行方

2 山陰における前方後円(方)墳の出現

伯耆の前期前方後円(方)墳/因幡の前期前方後円墳

3 中期古墳の展開

因幡・伯耆の中期大型前方後円墳

古墳からみる中期中頃の変化/武人層の台頭と中央と地方の関係

4 古墳時代の村と環境

住まいの変化/大型の特殊な建物/砂丘遺跡にみる古墳時代の環境変化

5 横穴式石室の導入と地域性

伯耆における横穴式石室の導入/因幡における横穴式石室の導入/横穴式石室をもたない前方後円墳

6 前方後円墳の終焉

因幡における前方後円墳の終焉/伯耆における前方後円墳の終焉

おわりに

引用・参考文献/あとがき

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000