メンテナンスのため、1月20日(木) PM10~11時(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

令和3年度ヤングケアラーの実状と対策を学ぶフォーラム

 
 鳥取県では、県内の教育機関、市町村、児童相談所、障がい・福祉サービス事業所、医療機関などのヤングケアラーを取り巻く関係機関や、広く県民を対象として、ヤングケアラーについて理解を深め、今後の支援の在り方について考えるためのフォーラムを開催することとしました。
 この度のフォーラムについては、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、集合開催に代えて、基調講演動画を公開します。
  

基調講演

演題

ヤングケアラー問題を考える

講師

島根大学法文学部 教授 宮本 恭子 氏

 講師について>>>https://www.hobun.shimane-u.ac.jp/list_teacher/miyamoto.html(クリックで島根大学の公式ページに移動します。)

講演動画・資料

<講演動画>(1時間14分)

https://youtu.be/IRN7LKqKOZw(クリックでYouTubeの動画公開ページに移動します。)

※本動画の録画、複製及び転載は固く禁じます。

※本動画44分15秒頃表示の資料記載の電話番号について、次のとおり訂正します。

〔中部〕倉吉児童相談所 0858-22-4152 

〔西部〕米子児童相談所 0859-33-2020

<講演資料>

 Part1 (pdf:619KB)

 Part2 (pdf:1923KB)

 Part3 (pdf:5059KB)

<目次>

Part1:支援の必要性と背景(動画 00秒~20分25秒)

はじめに

1.ヤングケアラーとは

2・なぜ支援が必要?

3.ヤングケアラー問題が生まれる背景

Part2:実状・支援の動き(動画 20分26秒~46分25秒)

1.ヤングケアラーの実状を理解する

2.海外・政府の動向

3.自治体により進められるヤングケアラー支援

Part3:早期発見・支援の課題(動画 46分26秒~1時間14分00秒)

1.ヤングケアラーの早期発見

2.支援の課題

まとめ

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000