大山は、標高1,700メートルほどの山ですが、独立峰で日本海に接しており、一旦天候が崩れた際の厳しさは、3,000メートル級の山に匹敵する厳しさです。初めての人はもちろん、経験のある人も、今一度次のことに注意して万一に備えてください。最悪の条件でも切り抜けられる備えがなければ、安全な登山とは言えません。


1 天候の急変や雪崩に注意
 春山は、例年春嵐やメイストームと呼ばれる日本付近を発達した低気圧が通ることにより、風雨雪が強くなることがあります。
 したがって悪天候に遭遇することを予測して防寒具や雨具等、万全の準備を整えることが必要です。
 また、雪崩の起きやすい状態となっていますので、斜面の下等、危険な場所には近付かないようにしましょう。
2 具体的注意事項
 余裕のある計画
 余裕のない無理な計画は、事故を招きます。
 綿密な計画
 経験豊かなリーダーの下、綿密な計画を立てましょう。
 引き返す勇気
 天気が悪化したり、傷病人が出たりしたら、無理をせず、引き返す勇気を持ちましょう。
 防寒具、雨具等の準備
 残雪期の春山は、天気が崩れると気温が下がり、雪やみぞれが降るので、防寒具や雨具等を、忘れないように必ず準備しましょう。
 滑落防止
 地形や融雪状態に気を付け、ピッケル、アイゼン等の装備により滑落を防止しましょう。
 統制のある行動
 体力、技術、判断力がある経験豊かな指導者のもとで、統制のある行動をとりましょう。
 万全な体調で
 十分な体力と万全な健康状態で、安全安心な登山をしましょう。
 携帯電話等の携帯
 いざというとき、警察や消防に連絡通報できるのが携帯電話や無線機です。
 入山前にはフル充電し、予備電池を用意しましょう。
3 登山のマナーを守ろう
 登山計画については家庭や学校、職場等に連絡をしておくとともに、登山届、下山届を出しましょう。
 休日には登山者が増加し、秩序が乱れがちになります。常に自分の行動に責任を持ち、上から石を落としたり、道標にいたずらをしたり、避難小屋内で他の登山者に迷惑をかけるような行動は厳に慎み、社会人として良識ある行動をしましょう。
 ゴミ、空き缶、火気等の後始末を確実に行い、自然環境保全に心掛けましょう。

登山届、下山届は必ず提出してください。
----- 登山届、下山届の受付 -----
《大山寺》
○大山寺駐在所(TEL0859-52-2200)
○モンベルクラブ大山店
○南光河原駐車場管理棟
○夏山登山道(阿弥陀堂付近)
《桝水原》
○松岡旅館(TEL0859-52-2526)
《鏡ヶ成》
○休暇村「奥大山」(TEL0859-75-2300)
《一向平》
○一向平野営場管理棟
《船上山》
○船上山少年自然の家
《メール》
○琴浦大山警察署アドレス
kotouradaisenkeisatsu@pref.tottori.lg.jp

「コンパス」を利用する方はココ↓をクリック!!
コンパス

----- 緊急連絡先 -----
○琴浦大山警察署(TEL0858-49-8110)
○琴浦大山警察署大山寺駐在所(TEL0859-52-2200)
○米子警察署(TEL0859-33-0110)
○黒坂警察署(TEL0859-74-0110)

冬山における山岳遭難事故等に注意しましょう!!"

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000