失語症者向け意思疎通支援者養成研修

失語症とは

  失語症は脳卒中などで起こる「ことば」の障がいで、話すこと、聴くこと、読むこと、書くことが困難になります。

 これらのことにより、失語症の方は他者との会話、買い物、交通機関の利用など「ことばを使用する日常生活のほぼすべての場面」で困難さに直面します。知らない外国に旅行に行った時のような感覚をイメージすると分かりやすいかもしれません。

令和3年度失語症者向け意思疎通支援者養成研修を開催します

 失語症者の福祉に理解と熱意を有する者に対して、失語症者とのコミュニケーション手法等の指導を行い、意思疎通支援者を養成し、もって失語症者の福祉の増進に資することを目的として、「令和3年度失語症者向け意思疎通支援者養成研修」を開催します。

応募資格・修了条件

  • 鳥取県内に在住・在勤・在学の方
  • 満18歳以上(令和3年4月1日現在)
  • 研修修了後、鳥取県が作成する研修修了者名簿に登録し、失語症者向け意思疎通支援者として活動ができる方

※修了条件:40時間の講義のうち8割以上の出席かつ実技出席及び確認テストへの合格

応募方法

申込期限 令和3年8月14日(土)必着

◆インターネットで応募する場合(PC・スマートフォン対応)

 山陰言語聴覚士協会ウェブサイト内に専用応募フォームを設置しています。

◆ファックスで応募する場合

 チラシの申込欄に必要事項をご記入いただき、FAX:0859-34-2303

 (錦海リハビリテーション病院言語聴覚室)まで送信してください。

※受講の可否につきましては封書にてご連絡いたします

研修カリキュラム(全7日)・会場

月日 時間
内容
場所
8月22日(日)
10時~16時
  • 開講式、オリエンテーション
  • 失語症概論
  • 意志疎通支援者とはなにか
  • 意志疎通支援者の心構えと倫理
  • コミュニケーション支援技法1

鳥取県失語症支援センター

(米子市東町177 東町ビル2階)

8月29日(日)
9時~16時
  • 身体介助の方法
  • 身体介助実習
  • 外出同行支援
  • 外出同行支援実習

アザレアコート

(米子市両三柳1400)

9月12日(日)
9時~16時
  • コミュニケーション支援実習1
  • コミュニケーション支援技法1
  • 失語症のある人の日常生活とニーズ

アザレアコート

(米子市両三柳1400)

9月26日(日)
10時~16時
  • 外出同行支援実習
調整中
10月10日(日)
9時~16時
  • コミュニケーション支援実習1
  • コミュニケーション支援実習1
  • 外出同行支援実習

アザレアコート

(米子市両三柳1400)

10月24日(日)
9時~16時
  • コミュニケーション支援実習1
  • コミュニケーション支援実習1

アザレアコート

(米子市両三柳1400)

11月7日(日)
9時~16時
  • コミュニケーション支援実習1
  • 派遣事業と会話支援者の業務
  • 閉講式

アザレアコート

(米子市両三柳1400)

お問い合わせ先

鳥取県失語症支援センター

 電話:080-2103-0371

 メール:tottorist.situgosien@gmail.com

募集チラシ

PDF:159KB
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71540857-26-7154    
    ファクシミリ  0857-26-8136
    E-mail  shougaifukushi@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000