当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
健康政策課のホームページ

中国武漢市を発端とした新型コロナウイルスに関する情報

新型コロナウイルス感染症特設サイトを開設しました

  県民が新型コロナウイルスに関する情報を探しやすくするため、県、国、関係機関の情報を整理・集約し、「新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症特設サイト」を2020年2月6日に開設しました。 以後、新しい情報は、特設サイトをご覧ください。

 

○新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症特設サイト

https://www.pref.tottori.lg.jp/corona-virus/

  

 

 

 

 

 

機械翻訳(机器翻译, 機器翻譯, Automatic machine translation)

 当サイトは、ページ上部の言語ボタンにより機械翻訳サービスを提供しており、以下の各外国語による説明は、翻訳の注意事項です。
  

注意事项〔簡体中文(簡体字中国語)〕 → 点击这里

注意事項〔繁體中文(繁体字中国語)〕 → 點擊這裡

Notes〔English(英語)〕 → Click here.

  

県民の皆さまへ

新型コロナウイルスの予防のためには、 「マスクの着用」 「手洗い」を徹底することが重要です。

また、人込みや繁華街への外出を控えることや、日ごろから十分な休養、バランスの良い食事を心がけることも大切です。

<海外に渡航される方へ>
  • 渡航先の流行状況を、県、厚生労働省、外務省ホームページ等で確認してください。
  • 新型コロナウイルス関連肺炎の感染リスクが高い地域に行かれる場合は、予防策としてマスクや手洗いの徹底をお願いします。

<中国から帰国・入国される方へ>
  • 新型コロナウイルス関連肺炎の感染リスクが高い地域から帰国・入国される方は、咳や発熱等の症状がある場合や、咳止め剤や解熱剤を服用している場合は、検疫官に申し出てください。
  • 帰国・入国後に咳や発熱等の症状が出た場合は、最寄りの保健所に連絡し、指示に沿って医療機関へ受診してください。

県では対策本部を設置し、全庁をあげて予防対策を強化するとともに、県民生活・県民経済の安定を確保するための対策を進めていきます。
また、引き続き迅速で正確な情報提供に努めます。

啓発用チラシ(簡体字中国語)

通知中文(簡体中文)

<参考>新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(外部リンク:首相官邸ホームページ)

発熱時、不安な場合の相談窓口 / 咨询窗口 / Consultation desk for fever

○発熱時の相談窓口

<対応時間>
 電話:24時間対応(土日、祝日を含む)
 ファクシミリ:午前8時30分~午後5時15分(土日、祝日を除く)

   ファクシミリ相談票(ワードファイル 52KB)

 

  • 鳥取市保健所 (管轄:鳥取市、岩美町、若桜町、智頭町、八頭町)

電話:0857-22-56940857-22-5694(時間外 0857-22-81110857-22-8111

ファクシミリ:0857-22-5669

  • 倉吉保健所 (管轄:倉吉市、三朝町、湯梨浜町、琴浦町、北栄町)

電話:0858-23-31450858-23-3145

ファクシミリ:0858-23-4803

  • 米子保健所 (管轄:米子市、境港市、日吉津村、大山町、南部町、伯耆町、日南町、日野町、江府町)

電話:0859-31-93170859-31-9317

ファクシミリ:0859-34-1392

 

 ○全般的な相談窓口

  • 鳥取県健康政策課感染症・新型インフルエンザ対策室

   電話:0857-26-71530857-26-7153  ファクシミリ:0857-26-8143

※受付時間:午前8時30分から午後5時15分(土日、祝日を除く)

 

  • 厚生労働省 電話相談窓口(コールセンター) 電話:03-3595-228503-3595-2285

※受付時間:午前9時から午後9時(土日、祝日を含む)

相談窓口(簡体字中国語)

咨询窗口(簡体中文)

 

新型コロナウイルスに関する情報(これまでの経過を含む)

  • 2020年1月9日、中国当局は、武漢市における原因不明肺炎による入院患者から新種のコロナウイルス(SARS、MERSとは違う種類)が遺伝子配列解析により特定されたと発表。WHOは、1月14日の記者会見で新種コロナウイルスが検出と認定。引き続き病原性や臨床症状等について専門家による検討・評価が行われている。
  • 世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、1月31日未明(日本時間)、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が 「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC: Public Health Emergency of International Concern)」に該当すると発表した。
  • 今回の新型コロナウイルス感染症に関して、感染症法・検疫法に基づく指定感染症・検疫感染症に指定する方針が示された。

参考)指定感染症・検疫感染症とは

  • 2020年2月5日9時現在、日本国外で新型コロナウイルス関連の肺炎と診断されている症例及び死亡例の数は以下のとおり(厚生労働省報道発表より)。
国・地域 感染者数 死亡者数
中国 24,324名 490名
香港 17名 1名
マカオ 10名 0名
台湾 11名 0名
タイ 25名 0名
韓国 16名 0名
米国 11名 0名
ベトナム 10名 0名
シンガポール 24名 0名
フランス 6名 0名
オーストラリア 13名 0名
マレーシア 10名 0名
ネパール 1名 0名
カナダ 4名 0名
カンボジア 1名 0名
スリランカ 1名 0名
ドイツ 12名 0名
アラブ首長国連邦 5名 0名
フィンランド 1名 0名
イタリア 2名 0名
インド 3名 0名
フィリピン 2名 1名
英国 2名 0名
ロシア 2名 0名
スウェーデン 1名 0名
スペイン 1名 0名
ベルギー 1名 0名

  厚生労働省報道発表(2月5日版)  

  • 外務省は、中国湖北省全域への渡航について、2020年1月24日、感染症危険情報レベル3「渡航は止めてください(渡航中止勧告)」に感染危険情報レベルの引き上げを行いました。その他の地域については、2020年1月31日、感染症危険情報レベル2「不要不急の渡航はやめてください」に感染危険情報レベルの引き上げを行いました。( 外務省ホームページ
  (感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)

  感染症危険情報レベル2:不要不急の渡航は止めてください。

  感染症危険情報レベル1:感染がさらに拡大する可能性があるので、最新情報を入手し、感染予防に努めてください。)

国内における新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について

  2020年2月5日正午現在、確認されている患者は19名です。

  その他、4例の無症状病原体保有者(※)が確認されています。

 (※)無症状病原体保有者とは、症状はないが、PCR検査が陽性だったもの

 

関係リンク集

■厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A (外部リンク)

■厚生労働省 新型コロナウイルスに関するページ(外部リンク)

■FORTH/厚生労働省検疫所 海外感染症発生情報 (外部リンク)

■外務省 海外安全情報(外部リンク)

■外務省 海外安全情報(中国の危険・スポット・広域情報) (外部リンク)

■国立感染症研究所 コロナウイルスについて (外部リンク)

医療関係者の皆さまへのお願い

医療機関においては、感染が疑われる患者を診察した場合、院内感染対策を取るとともに、速やかに保健所へ御連絡いただきますようお願いします。

 

<疑い患者の定義>

次のいずれかに該当し、かつ、他の感染症又は他の病因によることが明らかでなく、新型コロナウイルス感染症を疑う場合。

  • 発熱または呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈するものであって、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴があるもの
  • 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に中国湖北省に渡航又は居住していたもの
  • 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に中国湖北省に渡航又は居住していたものと濃厚接触歴があるもの
  • 発熱、呼吸器症状その他感染症を疑わせるような症状のうち、医師が一般に認められている医学的知見に基づき、集中治療その他これに準ずるものが必要であり、かつ、直ちに特定の感染症と診断することができないと判断し(感染症法第14条第1項に規定する厚生労働省令で定める疑似症に相当)、新型コロナウイルス感染症の鑑別を要したもの

 

 ■国立感染症研究所感染症疫学センター 関連リンク集 (関連リンクまとめ)

  ○新型コロナウイルス関連肺炎に対する対応と院内感染対策(外部リンク)

  ○新型コロナウイルスに対する積極的疫学調査実施要領(2020年1月21日暫定版)(外部リンク)

  ○新型コロナウイルス患者の退院及び退院後の経過観察に関する方針(外部リンク)

 

 ■厚生労働省 ホームページ

  ○外国人向け多言語説明資料(外部リンク)

  ○「外国人患者を受け入れる医療機関の情報を取りまとめたリスト」について(外部リンク)

 

鳥取県の対応状況

  • 2020年1月7日に県医師会等を通じて県内医療機関に、武漢市滞在歴があり呼吸器症状を発症している者の対応(院内感染対策の徹底、国立感染症研究所での検査)を通知。
  • 1月16日、健康政策課に相談窓口を設置。1月21日から各保健所にも相談窓口を拡大。
  • 1月17日に疑い患者の受け入れ体制を整備(県立中央病院、県立厚生病院、鳥大附属病院)
  • 県内の観光施設、宿泊施設、旅行会社等に注意喚起
  • パスポート交付窓口へのチラシ配架
  • 上海吉祥航空の利用者に対しチラシによる周知
  • 地域牽引企業140社、国際ビジネスセンター、商工団体に注意喚起
  • 県内宿泊施設に注意喚起
  • SNSによる広報
  • 2020年1月31日に、「鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置。

  同日、対策本部会議を開催 >> 対策本部会議資料

国における水際対策

 空港等での検疫を担当している厚生労働省の対応は以下のとおりです。

  • 中国からの航空便及び船舶において、健康カードの配布、機内アナウンスの実施
  • 咳・発熱等の症状がある場合は、自己申告するよう呼びかけ
  • サーモグラフィーによる発熱者の確認を引き続き実施

 なお、米子鬼太郎空港における検疫時に疑い患者が確認された場合は、検疫所から県へ連絡が入るよう調整しています。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部
             健康医療局 健康政策課

    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72270857-26-7227    
    ファクシミリ  0857-26-8143
    E-mail  kenkouseisaku@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000