当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

【3月15日から開催】青谷上寺地遺跡の世界

重要文化財指定記念展覧会「青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡の世界」

約250点の重要文化財が語る青谷上寺地遺跡の世界へようこそ!

 青谷上寺地遺跡は、内海(うちうみ、ラグーン)のほとりに営まれた日本の代表的な弥生時代遺跡の一つです。
 そこでは、日本海沿岸地域との交易や、漁労、農耕、ものづくりといった幅広い生業(せいぎょう)が、高度な技術で営まれていたことが、驚くほど保存状態の良い出土品から明らかになりました。
 今回の展覧会では、水辺の環境をたくみに利用し、交易とものづくりの拠点を築いた弥生人の創意工夫とチャレンジ精神を軸に、青谷上寺地遺跡の世界を紹介します。

 

会場

鳥取県立博物館 第1・第2特別展示室

(鳥取県鳥取市東町2丁目124、TEL0857-26-8044)

 

会期

3月15日(日)~3月28日(土)

※休館日:3月16日(月)、3月23日(月)

 

主催

鳥取県、鳥取県教育委員会

 

入館料

一般:180円、20名以上の団体:150円

※大学生以下/70歳以上/学校教育活動での引率者/障がいのある方・難病患者の方・要介護者等、およびその介護者の方は無料

 

関連行事

(1)重要文化財指定記念フォーラム「ここに注目!"青谷上寺地遺跡の世界"」

【日時】3月21日(土)午後1時~午後3時

【会場】鳥取県立博物館講堂

【定員】180名

【申し込み、入館料】要申込み(申込期限:3月18日(水))

【構成】

<講演会>「弥生人の"技(わざ)"のなぞ」 

講師:木下尚子(きのしたなおこ)氏(熊本大学人文社会科学研究部教授、鳥取県とっとり弥生の王国調査整備活用委員会調査研究部会座長)

<トークセッション>「ここに注目!"青谷上寺地遺跡の世界"」

木下尚子(きのしたなおこ) 氏、茶谷 満(ちゃやみつる) 氏(鳥取県立博物館)、北浦弘人(きたうらひろと)(青谷上寺地遺跡整備室)

 

(2)ギャラリートーク

【申し込み、入館料】申込不要、要入館料 

【会場】鳥取県立博物館 第1・第2特別展示室

【内容】 専門職員が展示品をもとに青谷上寺地遺跡の魅力をお伝えします。

【日時】(各回1時間程度)

  • 1回目:3月15日(日)午後1時30分~
  • 2回目:3月20日(金・祝)午前10時30分~
  • 3回目:3月21日(土)午後3時30分~
  • 4回目:3月22日(日)午後1時30分~
  • 5回目:3月28日(土)午後1時30分~

 

フォーラム申込み、問合せ

【申込み期限】3月18日(水)

【申込み方法】下記まで電話、FAX、メールにて事前申し込み。

(参加される方のお名前、電話番号をお知らせください。定員に余裕があれば、当日入場可能です。)

 
鳥取県地域づくり推進部文化財局 とっとり弥生の王国推進課青谷上寺地遺跡整備室
電話:0857-85-5011 FAX:0857-85-5012
Mail:tottori-yayoi@pref.tottori.lg.jp

https://www.pref.tottori.lg.jp/item/1191150.htm

詳しくはチラシをごらんください。

チラシ 表 チラシ 裏

chirasi.pdf( 4212KB) ←上記のチラシデータはこちらからご覧ください。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp