当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





【11月11日(月)開催】津波防災に関する学習会の開催

 鳥取県では、令和元年9月17日付で県内7市町村において津波災害警戒区域(イエローゾーン)を指定するなど、津波防災の取り組みを進めているところです。

 この度、津波災害の実際及び要配慮者利用施設に求められる対応等について周知を図るため、下記のとおり学習会を開催します。

 一般的な津波災害に関する講演と要配慮者利用施設向けの説明会の2部構成で開催しますが、第一部は津波災害についての一般的な講演会となりますので、積極的にご参加ください。

1 日時

令和元年11月11日(月)午後1時30分から

2 会場

西部総合事務所 講堂 (米子市糀町一丁目160番地)

※出来るだけ公共交通機関を利用してお越しください。

※お車でお越しの場合は、西部総合事務所敷地内の旧米子警察署前の駐車スペースへ駐車いただくようお願いいたします。(以下のリンクをご参照ください。)

駐車位置(PDF:186KB)

3 学習会の内容

(1)第一部
  学識者による基調講演(講演65分、質疑応答15分)
  講師:東京大学 生産技術研究所 教授
     東京大学 社会科学研究所 特任教授 加藤 孝明 氏
  ・津波被害の実際
  ・津波から避難する際の留意点
  ・他地域の事例について    等
   
(2)第二部
  要配慮者利用施設の避難確保計画に関する説明
  説明者:鳥取県
  ・法令による規定、市町村の地域防災計画における指定等の流れの説明
  ・国土交通省の手引き等により、避難確保計画の内容、留意点等について説明
  ・各市町村において、施設への指導に当たって整理しておくべき事項

※第一部は、一般的な津波災害に関する講演で広く住民に聴講いただけるもの、第二部は、要配慮者利用施設関係者、市町村関係者などを対象とした専門的なものです。

(参考)開催案内(PDF形式279KB)