当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取県職員採用試験(令和2年4月採用予定 民間企業等経験者対象)の実施

標記の採用試験を以下のとおり実施します。
  

1 概要

(1)試験の目的

 公務部門に民間等の知識・経験を導入し、新たな業務増や政策課題等に対応するとともに、組織・人事の活性化を図る。

(2)職種、要件の見直し

 鳥取県の新時代創造に向けて、人口減少などの主要な課題に取り組む意欲と経験を有する人を募集する、事務(新時代創造エキスパートコース)を新設しました。

(3)採用予定者数

職種

採用予定者数

 事務(新時代創造エキスパートコース)

5名程度

 事務(一般コース)

2名程度

(4)採用予定時期

  令和2年4月1日(ただし、欠員等の状況によっては、それ以前に採用されることもある。)

(5)受験資格

(ア)年齢

 昭和35年(1960年)4月2日以降に生まれた人

(イ)経験要件

事務(新時代創造エキスパートコース)

 鳥取県の新時代創造に向けた以下のような主要課題に積極的に取組む強い意欲と有用な職務経験を通算して5年以上有している人
○地域産品のブランド化展開と、県外・海外等への効果的な情報発信
○中山間地域の活性化、移住定住の促進や、街なかの活性化・賑わい創出など、活力のある地域・まちづくり実現
○危機管理や地域防災などの安全・安心な社会基盤づくり
○子育て支援や保育の充実、障がい者や高齢者福祉の推進などによる共生社会の実現
○電子化、AI 技術等を活用した社会改革・業務効率化などの働き方改革の実現 等

  1. 「職務経験」は、平成21年4月1日から平成31年4月30日までの間に、社員等として1つの民間企業等(公的団体を含む。)に1年以上継続して就業(1週間の労働時間数が通常の労働者の所定労働時間数のおおむね3/4以上の就業)した期間が該当します。
  2. 1年以上継続した職務経験が複数ある場合は、同じ主要課題に有用な場合に限りそれらを通算することができます。
  3. 1年未満の職務経験は通算できません。ただし、雇用期間1年未満の雇用契約が更新されることにより、同一の民間企業等(公的団体を含む。)に1年以上継続して就業した場合は、その期間を「1年以上継続して就業した期間」として取り扱います。
  4. 上記のいずれにおいても、期間を通算する計算は月単位で行い、月の中途で就職又は退職した場合は、その月は全て就業していたものとみなします。
事務(一般コース)

 民間企業等(公的団体を含む。)における職務経験を通算して5年以上有している人

  1. 「職務経験」は、平成21年4月1日から平成31年4月30日までの間に、社員等として1つの民間企業等(公的団体を含む。)に1年以上継続して就業(1週間の労働時間数が通常の労働者の所定労働時間数のおおむね3/4以上の就業)した期間が該当し、職務内容は問いません。
  2. 1年以上継続した職務経験が複数ある場合は、それらを通算することができます。
  3. 1年未満の職務経験は通算できません。ただし、雇用期間1年未満の雇用契約が更新されることにより、同一の民間企業等(公的団体を含む。)に1年以上継続して就業した場合は、その期間を「1年以上継続して就業した期間」として取り扱います。
  4. 上記のいずれにおいても、期間を通算する計算は月単位で行い、月の中途で就職又は退職した場合は、その月は全て就業していたものとみなします。

(ウ)国籍

 日本国籍を有しない人は、就職に制限のない在留資格を取得しているか、令和2年3月31日までに取得見込みであること。

(6)試験日程

受付期間

4月26日(金)~5月20日(月)(消印有効)

(インターネット受付:4月26日(金)午前9時~5月20日(月)午後5時)

第1次試験

試験日

6月23日(日)

試験会場

(鳥取会場):鳥取大学共通教育棟

(米子会場):鳥取大学医学部講義・実習棟

(東京会場):立教大学池袋キャンパス5号館

(大阪会場):関西大学千里山キャンパス第2学舎2号館

試験種目

【事務(新時代創造エキスパートコース)】
基礎能力試験(多肢選択式)、アピールシート、適性検査
【事務(一般コース】
基礎能力試験(多肢選択式)、エントリーシート、論文試験、適性検査

合格者
発表日

7月4日(木)(予定)

第2次試験

試験日

7月19日(金)~21日(日)のうち指定する1日(予定)

試験会場

鳥取県庁議会棟会議室

試験種目

【事務】
人物試験(個別面接)

採用候補者発表日

8月中旬(予定)

(注1) 事務(一般コース)の第1次試験で実施する論文試験の評価は第2次試験で行います。(第1次試験合格者のみ採点します。)また、第1次試験で実施する適性検査の検査結果は、第2次試験の人物試験の参考として使用します。(第1次試験合格者のみ判定します。)
(注2) アピールシート、エントリーシートは、第2次試験の人物試験の参考資料としても使用するとともに、アピールシートについては人物試験において記載内容をアピールしていただきます。

2 受験案内

(1)PDFファイル

鳥取県職員採用試験(令和2年4月採用予定 民間企業等経験者対象)受験案内(PDFファイル:461KB)
試験内容、受験申込手続等が記載されています。

アドビリーダのダウンロード

(2) 受験案内(申込書)配布場所

  (配布は4月下旬頃から)
 県庁本庁舎県民課、東部庁舎1階、八頭庁舎別館1階、中部総合事務所地域振興局、西部総合事務所地域振興局、西部総合事務所日野振興センター日野振興局、東京本部、関西本部、名古屋代表部、人事委員会事務局 ほか

  • 郵便または信書便での送付を希望する場合は、120円切手を貼った宛先明記の返信用封筒(角2サイズ)を同封の上、人事委員会事務局へ請求してください。

※請求用封筒には必ず「県職員(民間)請求」と朱書きしてください。(入手方法の詳細ページへのリンク

3 申込手続

次のいずれかの方法により申込みしてください。
なお、申込みの際には必ず受験案内をご確認ください。

(1) インターネット上の鳥取県のホームページ(とりネット)の電子申請の受付サービスを利用して申込みをする方法

インターネット用申込アドレス

 https://s-kantan.jp/pref-tottori-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=1251 

インターネット申込みを行う際の注意事項

  • 電子申請システム画面上の注意事項に従って申し込んでください。
  • pref-tottori@s-kantan.com」からのメールを受信できるように設定してください。
  • 携帯電話(スマートフォンを除く)からの申込みはできません。
  • 受験票作成にプリンタが必要です。お持ちでない場合はコンビニエンスストアのプリントサービス等をご利用いただくか、郵送 又は持参により申込みをお願いします。 
  • ご使用の機器や環境によっては、一部対応できない場合があります。
  • 受付期間の終了直前になると電子申請システムへのアクセスが集中し、操作がしにくくなるおそれがありますので、申込みはできるだけお早めに行ってください。
  • 申込みが完了すると、「申込完了通知メール」、「審査完了通知メール」の電子メールが順次、申込みの際に登録したアドレスに送信されます。申込後直ちに「申込完了通知メール」の電子メールが届かない場合又は申込後2日(土曜日、日曜日及び祝日を除く。)経っても「審査完了通知メール」の電子メールが届かない場合は、鳥取県人事委員会事務局までお問い合わせください。
  • 6月5日(水)頃に申込みの際に登録したアドレスに「受験票作成依頼メール」が送信されます。 

(2) 所定の受験申込書に必要事項を記入の上、申込み先に持参、郵便または信書便により提出する方法

申込先

鳥取県人事委員会事務局
〒680-8570 鳥取市東町1丁目271県庁第2庁舎 電話0857-26-7552・7553  

プリントアウト用受験申込書(PDFファイル:165KB)

※受験申込書をプリントアウトして申込みをする場合は、A4サイズで印刷(両面印刷)してください。 

※片面印刷する場合は、表と裏の点線に注意して貼りあわせてください。