当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
展示案内 

美術部門 夏休み企画 シリーズ:美術をめぐる場をつくる1「アートとの遭遇」 (7/20‐8/25)

タイトル

アートとの遭遇

会期・開館時間

2019年7月20日(土)~8月25日(日)
【休館日】なし
午前9時~午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)

開館延長日: 会期中の土曜日は午後7時まで延長開館

観覧料

一般180円 (20名様以上の団体150円)

 ※次の方々は無料です。
◎大学生以下 ◎学校教育活動での引率者 ◎70歳以上 
◎障がいのある方、難病患者の方、要介護者等およびその介護者

★同時開催中の企画展『手塚治虫のメッセージ』をご覧の方は、当日に限り無料でご観覧いただけます。

会場

鳥取県立博物館 2階 第3特別展示室

概要

「アートとの遭遇」は、いろいろなアートと出会い「接近遭遇」して体験的に鑑賞する展覧会です。  
 接近遭遇とは、もともとは未確認飛行物体( U F O )とその関係のものとの接触をあらわすことばで、その距離や状態に応じて第1種から第9種まで分類されています。例えば、第1種接近遭遇は、150メートルくらいの距離で未確認飛行物体を確認すること。第2種接近遭遇は、未確認飛行物体が、熱など周囲に何かしらの影響を与えて痕跡を残すこと。第5種接近遭遇になると、直接対話・通信などを行うレベルに達するそうです。
 アートも、私たちにとって未知の可能性を秘めた、なかなか全容を確認できない、未確認飛行物体のような存在だといえるのではないでしょうか。出会うことによって、ドキドキしたりワクワクしたり、不思議だったり少し怖かったり。いろいろな感情が生まれます。
 そこで、今年の夏の展覧会会場では未確認飛行物体の遭遇になぞらえた複数のブースを作りました。「第1種セッキンソウグウ」コーナーで遭遇するのは自画像です。多くのアーティストが取り組むテーマですが、自らにセッキンソウグウする気持ちはどのようなものなのでしょうか?第2種のコーナーでは、鑑賞している自分を見つめ返すまなざしにセッキンソウグウしてみましょう。第3種、第4種のコーナーでは、デジタル鑑賞コンテンツを使って作品の中に入り込んだり、作品の色や形を変化させたりすることが出来ます。第5種のコーナーは、武蔵野美術大学の学生たちのアトリエです。会期初日から一週間ほど滞在制作をしています。鳥取のまちや自然を取材して帰ってきた学生アーティストと出会えたら、直接対話のチャンスです。今回初の試みとして、自分の趣味や特技を活かしてワークショップを開催できるワークショップまつりコーナーも作りました。参加者を迎える側、セッキンソウグウされる側になってみるのも楽しいかも知れません。この夏、展示室でアートとの遭遇を楽しんでみませんか?

 

2週連続で開催!スペシャルワークショップ

イメージ7月20日(土) 午後2時~午後3時30分
『北斗座舞踏―新しき年の始の舞 ―失われた肉体と祖国を求めて』

舞踏家集団 北斗座が展示室を舞台にパフォーマンスを行います。舞踏というアートにセッキンソウグウしてみましょう!
滞在制作中の武蔵野美術大学生が展示室でその動きを捉えて描きます。舞踏の鑑賞に集中する、動く体を美大生が捉える様子を見る、画材を持参して動きを見ながら描いてみるなど、参加の方法は自由です。
舞踏家:大竹宥熙(おおたけ・ゆうき)、 広野(ひろの)、 万琵(ばんび)
会場:2階 第3特別展示室
申込:不要 *観覧料(180円)が必要です。企画展チケットで入場可。

※訂正 本展のチラシ上の記載では3時までの開催となっておりましたが、3時30分までの公演となります。あらかじめご了承ください。

 

イメージ7月27日(土) 午前10時~、午後2時~、各60分程度
『キミはアートの目撃者 ―作品を見ながら話してみよう!』

「旅するムサビ in 鳥取」で滞在制作中の学生に第5種セッキンソウグウ!
学生が描いた作品や、目の前で描いている作品を見ながら、作家と話してみませんか?鳥取が好きで何度も訪れている学生もいます。私たちにとっては見慣れた鳥取の風景を、学生たちはどんなふうに感じ、切り取るのでしょうか。
講師:武蔵野美術大学生
会場:2階 第3特別展示室
申込:不要 *観覧料(180円)が必要です。企画展チケットで入場可。

 

まいにち!ワークショップまつり

アートが好きな人が集まってワイワイ!展示室がそんな場所になったら楽しい!お気軽にお申し込みください。

あなたの得意ワザを活かして来館者を対象にワークショップをしてみませんか?
お申し込みいただいた方とは、実施内容についてお話しを伺い、展覧会担当者と打ち合わせを行います。
材料・用具:可能な範囲で当館が準備します。
開催時間:ご都合にあわせて設定出来ます。(午前10時~午後4時の時間内)
※謝金等はありません(グッズ販売等は不可)
お申込み・お問い合わせ
県立博物館 美術振興課 まで。TEL:0857-26-8045 E-mail: hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

現在の申し込み状況はこちら↓でご確認ください。

【ワークショップまつり スケジュール】

 

いっしょにみてみて、もくようび

展示室に小さなお子様とご一緒にお越しいただき、気兼ねなく作品鑑賞をしていただくための時間として、会期中の毎週木曜日の午前中を「子どもと一緒の鑑賞優先時間」としています。ベビーカーを押して、ぜひお越しください。

お問い合わせ

鳥取県立博物館 美術振興課
〒680-0011 鳥取市東町二丁目124
TEL 0857-26-8045 FAX 0857-26-8041
E-mail: hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp
  

チラシ表 チラシ裏

チラシを拡大してごらんになられたい方は画像をクリックしてPDF画像で閲覧ください。


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp